赤ちゃんのうちでも便秘になるので要注意

赤ちゃんの体調管理には特に気をつけたいですが、その中でも日常的に気を回しておきたいのが、赤ちゃんの便秘です。

よく「赤ちゃんは便秘にならない」なんて言いますが、これは母乳やミルクで育つ乳幼児期までの話。離乳食などを食べるようになると、便秘になる可能性は十分にありますので、ウンチの状態や頻度などをしっかりチェックしておきましょう。

赤ちゃんが便秘になるのはいつ頃から?

基本的に、赤ちゃんは生まれてから乳幼児期にいたるまではあまり便秘になりません。これは主な食事が母乳など、水分がほとんどなため、ウンチが固くならないからです。

また、実は生まれたての赤ちゃんの腸内には善玉菌以外の菌がありません。そのため、腸内は常にキレイに保たれています。ですから便秘とは無縁なのです。

ところが、離乳食を食べ始める頃になると、固形の食べ物を口にし始め、ウンチが初めて固形になり始めます。また、雑菌などを口にすることになり、これが腸内で繁殖を始めるようになります。これらの要因が赤ちゃんの便秘につながります。

赤ちゃんの便秘はどうやって見分ければいい?

当たり前ですが、赤ちゃんが便秘になっても、自分で「便秘気味だ」と言ってくるわけではありません。そのため、赤ちゃんが便秘になってしまったかどうかは親が、赤ちゃんの様子をみながら判断するしかありません。赤ちゃんの出すサインを逃さないようにしましょう。

赤ちゃんの出す便秘のサイン
  • 眠たくもないのにずっとむずがっている
  • 非常に大きな声で泣き出し、泣き止まない
  • ご飯を食べてもすぐに戻してしまう、または食べない
  • お腹がぽっこりと膨れている

こうしたサインが見られたら、もしかしたら赤ちゃんが便秘になっているかもしれません。気がついたら自分で対処しようとせずに、できるだけ早く病院で診察を受けましょう。

万が一のために覚えておきたいこと

便秘にならないのであれば、それが一番なのですが、赤ちゃんの体は非常にデリケートです。そのため、いつ便秘になってしまうか分かりません。もし、万が一便秘になってしまったとき、適切な診察を受けられるよう、赤ちゃんのウンチの状況などは逐一チェックしておきましょう。

  • ウンチをする頻度はどれぐらいか
  • 前回のウンチからどれぐらい経っているか
  • ウンチの固さはどれぐらいか、いつもと比べ違うか
  • 赤ちゃんのお尻が切れたりしていないか

自分で覚えておくようにするのはもちろん、できれば健康状態メモとして残しておくのがベスト。赤ちゃんの体調がおかしくなったときに、必ず自分が面倒をみているとは限りませんので、パートナーと共有するよう分かりやすくしておきましょう。

赤ちゃんの便秘を治すには?

赤ちゃんが便秘になってしまったら、まずしなければいけないことは病院に行くことです。そして医師の診断に従って、適切な処置を行なうこと。必要な場合には薬も処方してくれるでしょう。

赤ちゃんに薬を使うことに抵抗がある人もいるでしょうが、用法・容量をしっかり守れば、何も危険はありません。なにより赤ちゃんは自分で便秘を我慢することはできませんから、きちんと薬で対応しましょう。

とはいえ、薬を使わなくても良いのであれば、もちろんそれに越したことはありません。また、そもそも薬を使わなくてはいけないほどの便秘になる前に、予防策を張っておくのも大事です。「最近ウンチの状態が違うかも?」と思ったら、赤ちゃんに優しい便秘解消法を試してみましょう。

お腹のマッサージで便秘予防

あまりウンチが出ていないようなら、ちょっとしたマッサージで腸の動きを活発にすることもできます。いつものスキンシップにお腹のマッサージを取り入れれば、便秘予防にもなりますね。

効果的なマッサージの方法としては、お腹に手のひらを当てて、撫でるように「の」の字を書く方法。そして、赤ちゃんを仰向けに寝かせて、上体を支えながら、右・左とゆっくり転がすマッサージです。どちらも腸に刺激を与えて動きを活性化させることができるので、本格的な便秘でなければウンチをしやすい状態を作ることができます。

腸の中をキレイにしよう

冒頭でも少し触れましたが、赤ちゃんが便秘になる原因のひとつは、腸の中に善玉菌以外の菌が入ってきて、腸内環境が悪くなっていくためです。生まれたての赤ちゃんが便秘にならないのは、腸内が常にキレイに保たれているから。ですから、できるだけ生まれたてのキレイな状態に近づけることで、赤ちゃんの排便を促すことができます。

そのために必要なのは、まずオリゴ糖です。オリゴ糖といえば、腸をキレイにしてくれる乳酸菌のエサです。実は母乳やミルクには多くのオリゴ糖が含まれていますが、離乳食に切り替えることでどんどん減っていくため、赤ちゃんが成長していくにつれ、乳酸菌の活動はどんどん緩慢になってしまっています。

これを食事にプラスすることで、もう一度乳酸菌の活動を活発にして、腸内環境を整えるのが大事です。

もちろん、乳酸菌そのものを摂るのも重要なこと。といっても赤ちゃんにサプリメントなどを飲ませるわけにはいきませんから、生きて腸まで届く、強い乳酸菌の入ったヨーグルトなどをデザートとして追加しましょう。

赤ちゃんの腸内は大人に比べて遥かにキレイですが、その分ちょっとしたことで体調を崩すデリケートな状態です。できれば便秘などに悩まされずすくすく育ってくれるように、できる限りのことはしてあげたいですね。

赤ちゃんの便秘対策におすすめ

はぐくみオリゴ

超高純度の良質なオリゴ糖として、オリゴ糖ランキングで1位を獲得したのが「はぐくみオリゴ」です。自然素材100%のオリゴ糖なので、妊娠中の女性はもちろん、赤ちゃんでも安心してのめる身体に優しい成分になっています。ヨーグルトに混ぜたり、飲み物や離乳食に混ぜて使うことができるので、赤ちゃんに嫌がられることもありません。

「はぐくみオリゴ」公式ページへ



カスピ海ヨーグルト

サプリメントなどで乳酸菌を取ることができない赤ちゃんにおすすめのヨーグルト。乳酸菌の中でも生存力の高いといわれているクレもリス菌が入っていて、おいしく乳酸菌を取ることができます。また一度手作りすれば、その後の植え継ぎで繰り返し使えるので経済的。家族で毎日食べるならぜひ。

「カスピ海ヨーグルト」公式ページへ


おすすめの乳酸菌&オリゴ糖 北の達人「カイテキオリゴ」 はぐくみプラス「はぐくみオリゴ」
メディアで注目のサプリメント 腸内環境サプリ「天然美通」
ページトップ