赤ちゃんでも時には薬を使った方が良いケースも

赤ちゃんは大人よりも身体がデリケートなので、色々な変化の影響が肉体的な反応として表れやすいです。興奮したり外に連れ出したりしただけでも排便のペースや睡眠時間にまで影響を及ぼすことがあります。

そして、赤ちゃんは定着したペースを自分で戻すことはできません。生活リズムがずれてしまうとそのまま夜まで起きていたり、便秘になると慢性化して治らないことがあります。

赤ちゃんの便秘が慢性化してしまうと親御さんも大変です。元の正常な排便が出来るようになるまでに、長くなると2ヶ月程度のスパンで治療しなければいけません。そうなると、赤ちゃんにも負担が掛かります。

そうならないためにも、赤ちゃんに便秘の兆候が見え始めたら、小まめな水分補給やお腹を軽くマッサージしてあげるなどをして、溜まった便が少量のうちに排出しやすくなる工夫をしてあげましょう。

もし自分達で対処しても便秘がよくならない時は、小児科への受診も視野に入れておきます。便秘が慢性化する前に適切な処置をして、赤ちゃんを辛い思いから守ってあげましょう。

便秘薬は状況に応じて

便秘はその種類や原因によって治りにくいものもあります。赤ちゃんの便秘が自宅でできるレベルの治療では治らない場合は、赤ちゃんの状態を確認して辛そうならば小児科を受診しましょう。

赤ちゃんはまたまた身体が未発達なので、いきむのが上手くいかずウンチが出にくかったり、固いウンチを出す時に肛門が切れてしまうこともあります。ウンチをするのが辛いとなると、赤ちゃんはウンチを出すことに苦手意識や嫌悪感を持ってしまうかもしてません。

そのような状況で、赤ちゃんの力だけでは排便が困難な頑固な便秘ならば、便秘薬を使うことも考慮しなくてはいけません。専門の医師と相談したうえで、浣腸や整腸剤の処置をしてもらいましょう。

ですが、赤ちゃんに薬を使うことに抵抗のある人もいるでしょう。薬無しでは排便ができないようになるのではと心配もありますが、きちんとした医師の指導で使う分には、そういったリスクは非常に軽微です。

なにより、そのままだと便秘が慢性化してしまう危険性の方がはるかに高いので、便秘で赤ちゃんが苦しむよりは、薬を使ってでも溜まった便を一度出してあげる方が負担も少ないです。

便秘の治療には薬を使わないに越したことはありません。ですが状況次第では薬を使うこも大事です。その判断は決して独断では行わず、きちんと医師の指導の元で適切な回数だけ行うようにしましょう。

赤ちゃんの便秘は慢性化すると治療に時間もかかり、親子ともに負担が掛かります。慢性化する前に早めに対処するのが理想なので、場合によっては薬の使用も考えましょう。

軽度の便秘であるならば、赤ちゃんには食事療法が有効です。天然のオリゴ糖を少量ずつ与えてあげれば腸内の環境を整えてあげれるので試してみましょう。赤ちゃんは不調をハッキリと訴えられない分、大人がその意を汲み取ってあげないといけません。病気への対処は早め早めに行いましょう。

※赤ちゃんに与えるオリゴ糖の目安は1gです。少量を様子を見ながらあげましょう。

おすすめの乳酸菌&オリゴ糖 北の達人「カイテキオリゴ」 はぐくみプラス「はぐくみオリゴ」
メディアで注目のサプリメント 腸内環境サプリ「天然美通」

症状に合わせた便秘の解消方法一覧

  • まだ軽めの便秘には
  • 慢性化した便秘には
  • 症状が重い便秘には
  • 赤ちゃんの便秘には
ページトップ