3〜4日ウンチが出ない場合は一度病院へ行こう

赤ちゃんの排便が止まってしまっても、それが便秘なのか個人差の範疇なのか判断に困ることがあります。毎日出ていたウンチが昨日から出ていない、でもそれ以外は異常は無く、ご飯も食べるし機嫌もいい……こんなケースに直面したら、どのような判断をすれば正しいのでしょうか。

答えが「その状態なら心配無用」です。赤ちゃん自身ヘルプサインを出していないのなら、まずは様子を見ましょう。そもそも、赤ちゃんの時期の便秘はほとんどの人間が経験しています。軽度の便秘ならばすぐに治るので、様子を見ておくのも大事なのです。

そして、ウンチが出ない日がずっと続くようであれば一度小児科で診察を受けるようにします。目安となる期間は排便が止まってから3〜4日程度です。

赤ちゃんの排便には個人差がありペースもバラバラなので、少々ウンチが出るまでに間が空いても便秘とは限りません。普段の排便のペースはウンチの状態をしっかりと確認しておく必要があります。今回が初めての場合、排便が3〜4日間ないのなら確認のために診察を受けるようにしておきましょう。

赤ちゃんの排便ペースはバラバラ

排便のペースは人それぞれで違います。毎日出す人もいれば1日おきで出す人もいるように、大事なのは一定のペースできちんと出せているかどうかです。そして、それは赤ちゃんにも同じ事が言えます。

「赤ちゃんが毎日ウンチをしないのはおかしい」と考えているのなら、それは間違いです。

また、赤ちゃんは言葉は通じなくても親からの影響はハッキリと受けます。親が便秘を心配して不安になっていると、そのストレスを感じ取って赤ちゃんは本当に便秘になってしまうかもしれません。

便の出るペースは個人差がかなりありますので、例えば丸一日便が出ていない状態でも、赤ちゃんの機嫌が良くご飯もしっかり食べるなら問題はありません。そのまま見守って、ウンチの出ない期間が3〜4日目に突入したら一度病院に行って診てもらうといいでしょう。

ですが、赤ちゃんが不調のサインを訴えている時は話が違います。なるべく早く病院に行って専門医と相談しましょう。場合によっては浣腸などの処置をしてくれるでしょう。

便は赤ちゃんの健康状態を知るために非常に役に立ちます。どれくらいの便が溜まっていたか分かれば、医師がそれも基づく診断をしてくれるはずです。異常がないかどうか、しっかりと調べておきましょう。

赤ちゃんは成長に伴い筋肉や内臓も発達するので、排便を安定して出来るようになります。赤ちゃんの健康管理のためにも、排便のペースやウンチの量や形状はしっかりと観察しておきましょう。

赤ちゃんは生まれたばかりでまだまだ未成熟です。肉体は非常にデリケートで色々な変化の影響に反応しやすいので、親がしっかりと注意して健康管理をしないといけません。

ウンチの状態は赤ちゃんの健康状態を知る良いバロメーターです。色が変だったり異物が混じっていたり血が付着していたりすると、赤ちゃんの身体の異変を察知してあげることができます。しっかりと確認しておきましょう。

おすすめの乳酸菌&オリゴ糖 北の達人「カイテキオリゴ」 はぐくみプラス「はぐくみオリゴ」
メディアで注目のサプリメント 腸内環境サプリ「天然美通」

症状に合わせた便秘の解消方法一覧

  • まだ軽めの便秘には
  • 慢性化した便秘には
  • 症状が重い便秘には
  • 赤ちゃんの便秘には
ページトップ