母親から子どもへ便秘がうつることはあるの?

赤ちゃんは生まれてから乳幼児期までは母乳やミルクで育ちます。ですが、母乳で育った赤ちゃんはミルクで育った赤ちゃんと比べて便秘になりにくいようです。

母乳もミルクも主な成分は水分ですので便秘になる心配は少ないのですが、さらに母乳にはオリゴ糖成分が含まれていて腸をキレイにする働きがあるからです。そのため、自然に排便ができる環境が整いやすいことが母乳の利点として挙げられます。

母乳育児は現在でも主流の一つです。病院によっては母乳育児を推奨しているところもあり、赤ちゃんを産んだ母親も「可能ならば母乳で育てたい」と思う人も多いようです。

母乳育児をすることによって、赤ちゃんは母親から抗体や免疫力を貰えるとされ、風邪などもひきにくくなると言われています。赤ちゃんとのスキンシップにもなるので、母乳育児のメリットは大きいです。

便秘の原因は様々

母乳育児をしていても、場合によっては便秘になることもあります。そんな時には、母乳不足を疑いましょう。

そもそも入ってくる量が少ないのなら、出て行く量も少なくなります。母乳の量が足りないとウンチは排出するほど溜まらず、結果としてウンチが出ない日が続くことになります。

母乳の出が悪かったり、赤ちゃんの吸う力が弱いことで赤ちゃんは母乳を満足いくまで摂ることができなくなってしまうのです。

そういった原因に心当たりのある場合は、まず母親の方から母乳が出やすくなる食事療法を試して見ましょう。

※母乳の量が不足する理由として、母親の食生活が悪化していたり睡眠時間が満足に取れていないため、母乳が上手く作られなかったり乳腺が詰まってしまったりすることがあるようです。

栄養のバランスを考えた食事をすることで、母親の身体の中で母乳が多く作られ、出具合も改善されます。

逆に食生活をおろそかにしたり、ダイエットなどを考えて食べる量が少ないと母乳は上手くでないことが多いです。赤ちゃんのためにも、母親はきちんとしたバランスの良い食事を心がけるようにしましょう。

お母さんの便秘は赤ちゃんにも移る?

母親の影響が赤ちゃんにも出ることは多いですが、便秘に関しては母親の便秘が赤ちゃんに移るというようなことはありません。

母親が食べたものが母乳の元になり、そのまま赤ちゃんの栄養となります。ですがそれは、母親の食生活がそのまま赤ちゃんの食生活になる、というわけではありません。あくまでも赤ちゃんが飲むのは母乳であり、母乳の成分はそうコロコロ変わるものでもありません。

赤ちゃんに食物繊維を摂らせたいからといって、母親が食物繊維を含む食品を食べてその母乳を赤ちゃんにあげても、赤ちゃんは食物繊維を摂ったことにはならないのです。

ですが、便秘にはならなくても、母親の便秘は赤ちゃんに別のところで影響を与えています。

便秘というのは腸内に便が溜まった状態であり、長期間溜まった便からは腐敗して有毒なガスや発ガン性物質が発生してきます。

そういったガスは血液中にも溶けて体中を巡ります。当然、母乳にもそういったガスの影響は多少なりとも出てくるようです。

そのような状態の母乳ですと、赤ちゃんに充分な栄養を与えられるかどうかは疑問です。質の低い母乳ならば、むしろミルクの方が栄養補給をしっかりとできるでしょう。

妊娠をきっかけに便秘になる母親は多いですし、出産後も育児に追われて自分のことを後回しにしがちなので、生活リズムの乱れから便秘になってしまう母親もたくさんいます。

ですが、便秘を放置しておくことで赤ちゃんの健康に悪影響が出てしまっては大事です。育児に忙しい時だからこそ、健康に気を遣って規則正しい生活を心がけるようにしなくてはいけません。

母乳での育児はメリットが多いです。栄養が豊富なのはもちろん、母親と赤ちゃんのスキンシップという意味でも非常に重要です。

母乳育児を続けていくためにも、大切なのは母子共に健康であることです。母親が便秘で母乳から赤ちゃんに悪影響が行ってしまっては、やりきれない気持ちになってしまいます。母乳を上げている母親は特に、便秘の予防と対策は普段から気をつけるようにしましょう。

おすすめの乳酸菌&オリゴ糖 北の達人「カイテキオリゴ」 はぐくみプラス「はぐくみオリゴ」
メディアで注目のサプリメント 腸内環境サプリ「天然美通」

症状に合わせた便秘の解消方法一覧

  • まだ軽めの便秘には
  • 慢性化した便秘には
  • 症状が重い便秘には
  • 赤ちゃんの便秘には
ページトップ