男性の便秘として特に注意したいこと

便秘は男性よりも女性に多い悩みです。しかし、厚生労働省の調査によれば、男性でも約20%の人は便秘に悩んでいるとのこと。この数は決して少なくありません。自分には無関係、なんて思っていると、足元をすくわれかねません。

また女性と男性では、主に便秘の症状や原因が異なりますので、便秘対策にも工夫が必要です。

男性に多い便秘の症状とその原因

一口に「便秘」といっても、様々な症状があります。特に男性に多いのが「痙攣性便秘」という症状です。この痙攣性便秘とは、便秘と下痢を繰り返すような症状で、自分で便秘に気付きにくいのが特徴です。

痙攣性便秘というと、ピンとこないかもしれませんが、最近話題になった「過敏性腸症候群」と言うと、思い当たる人がいるかもしれません。大きな範囲で言えば、痙攣性便秘とは、この過敏性腸症候群の一種と考えてもらえばいいでしょう。

男性が抱える便秘リスク

  • 運動不足
  • 職場などでのストレス
  • 残業や夜更かしなどの不規則な生活
  • 飲み会などによる偏った食生活と腸へのダメージ

意外なことに、腸や内臓に関しては女性よりも男性のほうが強度が低いと言われています。それに加え、上記のような不規則な生活や飲酒など内臓へのダメージを蓄積してしまうことが、便秘の原因になります。また腸は自律神経で制御されていますので、常にストレスを抱えた状態にあると、腸内環境は悪化の一途と辿ります。

その他、隠れた内臓系の病気の諸症状として便秘になることもあります。

便秘が症状として表れる主な病気
  • 糖尿病
  • 甲状腺系の疾病
  • パーキンソン病
  • 腸ポリープ

男性の場合は特に「たかが便秘」と侮りがちですが、こうした疾病にかかっている可能性も否定できません。あまりに症状をほうっておくと、知らない間に病気が進行してしまうかもしないので、異常を感じたら医者に相談しましょう。

間違った便秘対策と正しい改善法

男性の中で便秘を重症と捉え、正しい改善方法をとっている人は想像以上に少ないのが現実です。多くの人は、整腸剤や下剤をその場で飲み、そのまま根本的な治療をしようとはしません。しかし、これは便秘を慢性化させるばかりか、悪化させる危険性もあります。

先ほども説明した通り、男性の便秘で最も多いのは「痙攣性便秘」です。これは自律神経の乱れによって腸の蠕動運動が沈静化したり活性化したりと不安定になり、便秘や下痢を繰り返す症状です。

これに対し、市販の便秘薬の多くは、単純に「腸の活動を活性化させ、排便を促す」目的で設計されています。つまり、便秘薬を飲むと、沈静化と活性化を繰り返す痙攣性便秘の症状を助長し、さらに悪化させてしまうだけになります。

便秘をしっかり改善するには?

ここでは、市販の下剤などに頼らない、根本的な便秘改善方法を紹介します。間違った対処法を続けずに、根本治療をするのが便秘解消の秘訣です。

ストレス解消法を身につける

便秘の主な原因はストレスや責任感からくるプレッシャーです。一番の方法はこれを避けることですが、なかなかストレスの原因を除外するというのは難しい話です。そこで、せめてストレスを溜めないよう、趣味やスポーツなどでリラックスできるストレス解消法を身につけましょう。

十分な睡眠を取る

「睡眠は薬に勝る」という諺もあるように、体の調子を整えるには十分な睡眠時間を確保するのが大事です。どれだけ忙しくても最低6時間の睡眠時間が確保しましょう。また、疲れが溜まっているときは、昼食後に15〜30分の午睡を取るだけでも、負担が軽くなるはずです。

バランスの取れた食生活

最も重要なのが、食生活の改善です。男性の場合は特に食に無頓着で、外食や飲酒をする人も多いでしょう。これらが避けられないとしても、せめて外食をするときは肉類や揚げ物を控えめにしたり、飲酒量を自分で制限するべきです。

また、若い人の場合朝食と摂らないという人も増えていますが、これは便秘の大きな要因になります。軽くでも良いので朝食を摂るようにし、またメニューに簡単な工夫をするだけで便秘解消することができるかもしれません。

朝食をお腹に良いメニューにするだけ

男性の場合、便秘症状を改善するのは比較的簡単にできます。痙攣性便秘は腸の運動が不安定になり起こる便秘なので、腸内環境を正常化すれば、それだけで便秘の症状は格段に良くなります。

腸内環境を正常化するのにもっとも良いのは、腸が活性化する朝にきちんと起き、朝食をしっかりと食べること。そしてメニューの中に腸に良い成分を含むことです。

具体的に腸に良い食事の例を挙げると、例えば海藻サラダが適しています。水溶性食物繊維と不溶性食物繊維をバランスよく摂ることができるメニューで快適な排便をサポートしてくれます。これにオリゴ糖と乳酸菌を含んだヨーグルトを加えれば完璧でしょう。

もちろん、朝食を摂るのが時間的に難しいという場合は、オリゴ糖や乳酸菌をサプリメントで摂ってもかまいません。いずれにせよ、朝に何かお腹に入れておくこと。そして腸内環境を正常化する成分を毎日しっかりと摂る習慣をつけること。これだけでも便秘症状を劇的に改善していくことができます。

おすすめの乳酸菌&オリゴ糖 北の達人「カイテキオリゴ」 はぐくみプラス「はぐくみオリゴ」
メディアで注目のサプリメント 腸内環境サプリ「天然美通」
ページトップ