タバコが便秘薬代わりになるって本当?

タバコに含まれるニコチンは腸への影響があると分かっています。喫煙者は男性に特に多いので、タバコと腸の関係はしっかりと把握しておきましょう。

タバコが腸にあたえる影響の原因はニコチンという成分が原因です。タバコを控えたとたんに便秘気味にもなったという経験を持つ人は、実際に相当数いるようです。

ニコチンと便秘の関係性

『アセチルコリン』という神経伝達物質があります。腸の運動を促進する役割をもつ物質なのですが、ニコチンにはこのアセチルコリンの代わりを果たす性質があると言われています。

なので、ニコチンが体内に入ることによってアセチルコリンの代役となって、腸の運動が活性化するのです。

タバコを吸うと便意を催すようになる場合がありますが、それはこのニコチンによる代替効果が大きいようです。

タバコを吸うのを止めたとたんに便秘になってしまったというケースもこれが原因です。そもそも便秘気味だった腸がニコチンをアセチルコリンの代わりとして、結果的に自然に排便できていたと考えることができるのです。

ニコチンは便秘薬の代わりになるのか?

ニコチンには腸の運動促進効果がある、というのは間違いありませんが、ではタバコは便秘薬の代わりを果たすことができるのでしょうか。答えは「非常に危険」です。

『ニコチン中毒』という言葉は喫煙経験者なら一度は訊いた事があるはずでしょう。言葉の意味どおり、ニコチンには中毒性・依存性があり過剰に摂取すると身体がニコチンを求めるようになってしまいます。肉体的には正常でない状態であり、健康面で考えるなら避けるべき事態です。

また、腸が痙攣して収縮する『痙攣性イレウス』という病気の原因にはニコチン中毒があります。痙攣性イレウスを引き起こすと、収縮した腸に便が詰まって重い便秘の症状が出てしまいます。

心身の健康の面から言っても、やはりタバコを便秘薬の代わりにするのは問題があります。身体のシステムが破壊されてしまう恐れもあるので、便秘の解消には正攻法が一番です。

タバコを吸っていると確かに排便はスムーズに行えるかもしれませんが、タバコは健康を害する恐れがあるものです。せっかくタバコを止めたのに、便秘になったのでまたタバコを吸うというのはオススメできません。

便秘の解消にはタバコや薬に頼らず、まずは食事内容の改善、睡眠時間の確保、運動不足の解消、適度なマッサージなどから試していきましょう。
(※別項目にある『便秘解消のためのワンポイントアドバイス』も参考にして、より効果的な便秘の治療を行うようにしましょう。)

おすすめの乳酸菌&オリゴ糖 北の達人「カイテキオリゴ」 はぐくみプラス「はぐくみオリゴ」
メディアで注目のサプリメント 腸内環境サプリ「天然美通」

症状に合わせた便秘の解消方法一覧

  • まだ軽めの便秘には
  • 慢性化した便秘には
  • 症状が重い便秘には
  • 赤ちゃんの便秘には
ページトップ