下剤の使いすぎは逆効果になるので要注意

下剤は本来便秘を解消するために飲む薬ですが、場合によってはそれが逆に作用し便秘を悪化させる原因になることがあります。

下剤の中でもポピュラーな種類の『刺激性下剤』は、腸に刺激を与えてぜん動運動を誘発させる効果のある下剤です。弛緩性便秘などの大腸の動きが弱く自力での排便ができない便秘には非常に効果的であり、確かな効能を期待できます。

ですが、人間の身体は外部からの刺激に対して感覚を徐々に鈍化させる働きを持っています。下剤の刺激も身体が慣れてくるに従ってどんどん効き目が落ちてしまい、次第にもっと強い刺激がないと排便ができないようになってしまうリスクがあるのです。

そうなると、便秘を治すために更に強い薬に頼る悪循環に陥り、薬に頼らないと排便ができない身体になってしまいます。便秘を治すために飲んだ下剤が、結果として重度の便秘の原因となってしまうのです。

痙攣性便秘と直腸性便秘に下剤は危険!

便秘のタイプの中でも、下剤の使用に特に注意が必要なのが『痙攣性便秘』と『直腸性便秘』です。

腸の運動が活発になりすぎて腸が痙攣状態になり便秘と下痢を繰り返すのが痙攣性便秘の特徴ですが、そこに刺激性の下剤を飲んでしまうと腸の運動はさらに活発になるので、症状はもっと重くなってしまいます。ひどい下痢やその反動で重い便秘になってしまう危険性が高いため、下剤の使用は控えなくてはいけません。

直腸性便秘は肛門に近い直腸に原因があって起こる便秘です。便が出ないことに変わりは無いのですが、一般的な下剤というのはその効果が大腸に表れるものになっています。直腸まで効果が及ばないばかりか、下剤で送り出されえた便が直腸付近で大量に詰まることになるので、身体へに負担が非常に大きいです。

この2種類の便秘に限らず、全ての便秘に効く下剤というものは存在しません。便秘の治療で大事なのは原因を把握して効果的な治療を行うことなので、独断で下剤を使うのは避け、きちんと病院で診察を受けて原因を特定するようにしましょう。

腸内環境の正常化にオリゴ糖

下剤は使用すると確かに便秘を解消することができますが、薬である以上そこには副作用が付いてきます。腹痛や習慣性を伴う薬は身体への負担も少なくないので、やはり理想は薬に頼らずに自然に便秘を回復させることです。

一番簡単に行えるのは食生活の見直しでしょう。オリゴ糖などの健康食品を取り入れることで便秘の解消に大きく全身できます。

オリゴ糖には腸内環境を整えてくれる効果があります。腸内細菌のビフィズス菌は善玉菌としても有名で、オリゴ糖は摂取すると大腸までしっかりと届きそのビフィズス菌のエサになるのです。善玉菌が増えれば腸内環境も正常化し、便通も良くなるというわけです。

普段使っている砂糖をオリゴ糖に換えるだけでも充分に効果があるので、摂取の簡単さから言っても老若男女や妊婦の人でも安心して使えるのが大きいポイントです。

便秘で悩んでいる人は下剤を使う前に、まずはオリゴ糖を試してみると良いでしょう。ヨーグルトや乳酸菌サプリと合わせると相乗効果によってさらに高い効果が期待できます。

強すぎる薬は使い方を間違うと毒になります。下剤も大腸の機能を低下させてしまう副作用がある以上、便秘を悪化させる危険性が着いてきます。やはり、便秘の解消は安易に薬に頼らず、まずは生活習慣の改善や食生活の見直しなど自力で治す努力をしていきましょう。

便秘薬に頼りすぎるのは危険

便秘の辛い症状に悩まされている人にとって、便秘薬はその悩みを解消してくれる助け舟のようなものです。確かに便秘薬を使えば溜まっていた便を出すことは出来ます。ですが、それはあくまでも一時的なものでしかないのです。

便秘の原因は生活習慣の乱れやストレス、食生活の偏りなどであり、それらを改善しなければいくら薬で出そうが便秘は治りません。便秘薬は確かに便利ですが、排便を薬便りにしているよりは便秘の根本的解消を目指した方が建設的です。

また、薬には大なり小なり副作用があります。便秘薬を使い続けると薬の刺激に身体が慣れて効きにくくなることもあるので、薬に頼りすぎるとかえって症状を悪化させてしまいます。

薬は効きめが強いほど副作用も大きいので、そういったリスクを知らないまま薬を使うのは非常に危険です。市販薬の中にも強い薬はたくさんあるので、注意が必要です。

では、『整腸剤』と『弛緩剤』の2種類の便秘薬について詳しく紹介していきましょう。

『整腸剤』の特徴

『整腸剤』とは名前の通り、腸の環境を整える働きをする便秘薬です。

整腸剤を飲むことによって腸内で善玉菌が増えて、腸を排便しやすい状態にまで戻すのです。腸内の正常化が効能なので、便秘にも下痢にも対応できる薬となっています。

整腸剤自体はそこまで強い薬でもないので、子供が小さい時でも比較的安心して飲ませることができます。とはいえ、あまり使い続けると便秘を悪化させてしまう可能性もあるので注意が必要です。

また、アレルギー体質の人は服用前に必ず成分を確認しましょう。整腸剤の種類の中には乳酸菌由来のものがあり、原材料が牛乳なので知らずに飲むと危険です。

『弛緩剤』の特徴

弛緩剤の特徴は、整腸剤と比べていわゆる「下剤」の側面が強いということが挙げられます。薬の分類的には『弛緩性下剤』となり、腸に刺激を与えてぜん動運動を促進させ、排便力を高める効果があります。

ほぼ強制的に排便させるほど強い薬が多いので、内臓への負担も非常に大きいです。服用すると腹痛や下痢などの症状がでる可能性もあり、飲み続けると大腸炎になる危険性もあります。

また、便秘の種類によっては症状をさらに悪化させてしまうケースもあります。『弛緩性便秘』は腸が弛緩してぜん動運動が活発になる(便秘と下痢を繰り返す症状)ので、弛緩剤を飲んでしまうとぜん動運動がさらに助長されてしまいます。

弛緩剤は強い薬なので、副作用もあるため使用には注意が必要です。長期間の使用は自然な排便力を奪ってしまう危険性もあるため、下剤依存症になってしまう可能性もあるのです。

その他の便秘薬(下剤)の特徴

便秘薬は便秘の種類や体質の対応するため、様々な種類が存在しています。塩類下剤や膨張下剤などは水分を取り込みやすくして硬くなった便を柔らかくし、自然に排便できるよう促す効果があります。

塩類下剤はその名前の通り、塩分を含む便秘薬です。腸内の塩分濃度が上昇すると腸はそれを薄めようと水分を腸内に多く回すように働くので、腸内で水分を失ってカチカチになった便にも水分が補給されます。ですが、腎疾患や高血圧などの人は塩分摂取が危険になるため使用は避けなければいけません。

膨張下剤には食物繊維の摂取効果と類似する効能があります。腸内の水分量を増やす働きがあり、便にも水分を多く含ませて膨張させます。

両者とも薬の効き方が優しい薬なので、即効性は無い分、身体への負担も少なく副作用の心配も少ないです。

便秘薬は便秘の症状やタイプに対応するため様々な種類があります。なので、効果的な治療のためにはまず便秘の原因を特定し、それに合った薬を使うようにしなければいけません。

さらに、薬を使用する時は必ず副作用もあるということを念頭に置いておきましょう。

独断で市販薬を使うと、場合によってはさらに症状を悪化させたり別の病気を引き起こしてしまう危険性があります。やはり、薬を選ぶ時はかかりつけの医師や薬剤師に相談してからの方が安心です。

管理人がおすすめする優しい「便秘薬」 アインファーマシーズ「防風通聖散」
おすすめの乳酸菌&オリゴ糖 北の達人「カイテキオリゴ」 はぐくみプラス「はぐくみオリゴ」 やずや「乳酸菌とケフィアの力」
管理人がおすすめする優しい「便秘薬」 アインファーマシーズ「防風通聖散」
メディアで注目のサプリメント 腸内環境サプリ「天然美通」

症状に合わせた便秘の解消方法一覧

  • まだ軽めの便秘には
  • 慢性化した便秘には
  • 症状が重い便秘には
  • 赤ちゃんの便秘には
ページトップ