精神安定剤(抗うつ剤)の副作用による便秘

精神安定剤はうつ病や自律神経失調症などの治療に使われる薬で、一見便秘とは無関係のようにも思えます。ですが、精神安定剤の副作用で便秘になるというケースは、実は少なくないのです。

精神安定剤を飲むと必ず便秘になるというわけではありませんし、中には便秘にならないタイプの薬も存在します。ですが、やはり精神安定剤を飲んでいる人の多くは便秘にも掛かってしまうようです。

精神安定剤が便秘を助長するというのは事実として無視できないことなので、もし薬を処方してもらうなら注意が必要です。もともと便秘気味だという人は症状が悪化してしまう可能性があるので、必ず申告するようにしましょう。

便秘はストレスの原因に充分なり得るので、せっかく精神安定剤を飲んでも便秘で心が落ち着かなければ意味がありません。

独断で便秘薬を飲むのは危険行為

精神安定剤の副作用で便秘になるのだから、便秘薬も飲めば良いと考える人は実際多いと思います。ですが、それは非常に危険です。

特に自己判断で薬を飲むと、薬の飲み合わせの問題で症状が悪化したり別の病気を引き起こすことにもなりかねません。

精神安定剤は強いものなら副作用もそれだけ強いので、便秘以外の副作用も必ず確認しておきましょう。

副作用の内容を知っているのといないのとでは、実際に副作用が起こった時に出来る対応に大きく差が出ます。余計な心配をしなくていいように、注意して聞いておきましょう。

精神安定剤を処方される人の多くは、精神的に脆かったり不安になりやすいタイプです。そんな時に余計な問題を抱え込むのはよくありません。

中には長期的な治療計画で取り組んでいる人もいるでしょう。ストレスの原因になるものはできるだけ排除しておくべきです。正しい知識を持ってしっかりと治療に専念できるようにしましょう。

痙攣性便秘と精神安定剤の特徴

精神安定剤が便秘の原因となるのは前述しましたが、『弛緩性便秘』などの精神的ストレスや自律神経の乱れが原因となって起こる便秘の場合、精神安定剤が逆に良い作用を生むことがあります。

ストレスや緊張感によって腸のぜん動運動が活発になり過ぎる(便秘と下痢を繰り返す)症状の便秘なので、精神安定剤の処方によって便秘が改善する場合があるのです。

もちろん必要なのは根本的な治療ですし、そもそものストレスの原因の排除が治療には一番効果的です。ですが、ストレスの原因が自分以外にあると完全に排除するのは難しいですし、あまりにも症状が辛い場合は緩和のために精神安定剤を処方してもらうのも有効です。

その際には必ず医師に相談して薬を使って良いかどうか診察してもらいましょう。きちんと診断を下してもらうまでは痙攣性便秘でない可能性もあるので、まずは専門のクリニックなどを受診することをオススメします。

精神安定剤はその効力が非常に有効であるぶん、副作用に関しても強く出てしまうものが多いです。精神安定剤を使わなければいけないのなら、副作用についてもきちんと把握しておく必要があります。

用法や用量に関しては医師や薬剤師の指示を厳守しなければいけません。独断で別の薬を飲み合わせたり量を変えることは、症状の悪化や別の病気の引き金にもなりかねない非常に危険な行為です。

おすすめの乳酸菌&オリゴ糖 北の達人「カイテキオリゴ」 はぐくみプラス「はぐくみオリゴ」
メディアで注目のサプリメント 腸内環境サプリ「天然美通」

症状に合わせた便秘の解消方法一覧

  • まだ軽めの便秘には
  • 慢性化した便秘には
  • 症状が重い便秘には
  • 赤ちゃんの便秘には
ページトップ