大腸メラノーシスの原因と危険性について

『大腸メラノーシス』とは、大腸の粘膜に色素が沈着し真っ黒に近い色になる症状です。そして、この大腸メラノーシスの主な原因となるのが、アロエ、センナ、大横を含む下剤なのです。

結果的に言えば大腸メラノーシスは下剤服用の副作用です。目に見えない部分で起こる症状であるうえに自覚症状も無いので、調べるまで大腸メラノーシスになっているかどうかは本人にも分かりません。

ですが、原因はハッキリしていて、成分にアロエ、センナ、大横を含むいわゆる『生薬』に分類される下剤の強すぎる刺激が、大腸の粘膜に少しずつダメージを蓄積させることで色素の沈着が起こるとされています。

生薬は身体への負担が少ないイメージを抱きがちですが、効果の強い薬にはやはり副作用が存在します。場合によっては服用時にも腹痛や習慣性の副作用が出ることもあるため、薬はどんなものでも慎重に使わなければいけません。

大腸メラノーシスになると身体はどうなる?

基本的に大腸メラノーシスは「大腸に色素が沈着して黒い色に変色する=大腸メラノーシス」と診断されます。では、大腸メラノーシスは身体にどのような影響を与えるのでしょうか。

まず、大腸メラノーシスの患部である大腸の機能は全体的に低下してしまいます。大腸の神経が鈍くなることで便秘の症状がも悪化していきます。

次に、色素沈着による細胞の硬化が問題になります。これは大腸ガンを発症するリスクを高めるので非常に危険です。大腸メラノーシスだけでは大腸ガンの初期段階でも何でも無いのですが、無視できない関連性があることは覚えておきましょう。

大腸ガンと大腸メラノーシスの関連性は医師や学者の間でも議論が紛糾していますが、やはり気をつけておくことに越したことはありません。大腸機能を高めればそれだけガンからも遠ざかるので、ガンの危険性に不安になるりも大腸メラノーシスの改善に努力しましょう。

大腸メラノーシスの改善方法

大腸メラノーシスは放置すると大腸機能がどんどん低下していきます。便秘や他の病気の原因にもなりかねないので、なるべく早い段階で対処するようにしましょう。

対処方法も何も特別なことをする必要はありません。「原因を断つ」で完了です。

アロエ、センナ、大横を含む下剤を使うのを止めて半年〜2年ぐらい経過観察を続ければ、自然に大腸に沈着した色素も消えていきます。

下剤を使うのが半ば習慣化していると薬を断つのは困難ですが、便秘は食生活の見直しや生活習慣の改善で充分に解消可能です。急に止めるのではなく、少しずつ薬の量を減らすなど工夫して改善していきましょう。

大腸メラノーシスはいわば下剤多様の警告です。薬は頼り過ぎても良くないので、大腸機能を維持するためにも下剤は必要最低限の使用に控えておきましょう。

おすすめの乳酸菌&オリゴ糖 北の達人「カイテキオリゴ」 はぐくみプラス「はぐくみオリゴ」
メディアで注目のサプリメント 腸内環境サプリ「天然美通」

症状に合わせた便秘の解消方法一覧

  • まだ軽めの便秘には
  • 慢性化した便秘には
  • 症状が重い便秘には
  • 赤ちゃんの便秘には
ページトップ