もし下剤依存症になってしまった時は?

下剤依存症は薬物依存の一種で、刺激性下剤を長期間使い続けているとなってしまう恐れのある症状です。下剤に頼った排便を続けることによって、自力での排便が困難な状態を指します。

人間の身体は外部からの刺激に対して耐性をつけ鈍くなっていく特性があります。便秘薬も腸に刺激を与えて排便を促す仕組みの薬なので、長く使い続けることによってだんだんと効果が薄くなってしまうのです。そこで、下剤の効果を得ようと薬の量を増やしてしまうと悪循環が始まります。

薬に頼った排便は大腸の機能を低下させ、気付いた時には薬無しで便を排出できない重度の便秘に陥ってしまっています。この治療には相当な根気と時間が必要となり、長く辛い思いをしなくてはいけなくなります。

便秘を治すのに下剤を使って一時的に便秘の症状を緩和しても、便秘になった原因そのものを取り除かないと根本的な治療はできません。薬はあくまでも最後の手段と考え、まずは自然に治療ができるよう努力することが大切です。

下剤依存症の改善方法

下剤依存症になったからといって、治療として薬をすぐにシャットアウトするのは不可能です。というのも、下剤が無くては排便することができないので、薬を停めると今度は便秘で苦しむことになってしまいます。

下剤依存症は言いかえれば、重度の便秘の症状でもあるのです。

なので、まずは基本的な便秘の治療方法である食生活の見直し、生活習慣の改善から始めるのが効果的です。そしえ、症状の緩和状況に合わせて薬の量も調節しながら減らしていかなくてはいけません。

食事、生活習慣のほかにも、睡眠不足や運動不足、ストレスなど、便秘の原因となるものは非常に多いです。大切なのは、少しずつ積み重ねて状況を良くしていくことです。

まずは、便秘解消に必要なものを意識して生活リズムの中に取り入れていきましょう。食物繊維を豊富に含んだ食材を選んだり、こまめに水分補給することも重要です。

下剤依存の状態では自律神経に狂いが生じていたり、腸機能が鈍化している可能性もあります。治療には身体全体のリフレッシュが必要になり、時間と根気かかる治療になります。ですが、便秘解消のためにも筋力の維持は必要になるので、焦らずじっくり進めていきます。

下剤依存は厄介な状態ですが、決して治らない症状ではありません。自分をしっかりと持って、安易に下剤に手を出さず便秘の治療にはまず自然に回復できる方法を色々と試してみましょう。

※便秘に我慢は大敵です。場合によっては薬を使ってでもまずは便を出したほうが良い場合もあるので、薬の使用は状況に応じてきちんと使い分けましょう。

おすすめの乳酸菌&オリゴ糖 北の達人「カイテキオリゴ」 はぐくみプラス「はぐくみオリゴ」
メディアで注目のサプリメント 腸内環境サプリ「天然美通」

症状に合わせた便秘の解消方法一覧

  • まだ軽めの便秘には
  • 慢性化した便秘には
  • 症状が重い便秘には
  • 赤ちゃんの便秘には
ページトップ