強い便秘薬ほど副作用の影響も大きい

重度の便秘の場合、便秘薬を使わなくては排便できないほど追い詰められてしまうこともあります。便秘薬を常習的に使っていたために、薬による排便に身体が慣れてしまって自然に排便する力を失ってしまうのです。

強制的に排便を促進させるタイプの薬は「刺激性下剤」と言います。弛緩性便秘などで症状に悩まされている時などは、とりあえず溜まっている便を出す事ができるのでお腹の張りやガスなどの症状を和らげられるのでストレスの軽減に役立ちます。

ですが、強すぎる薬は身体への負担が大きくなります。腹痛や下痢を誘発する危険性もあるため、副作用に関しては充分に注意しなければいけません。

さらに、薬に頼りすぎるのも問題です。人間の身体は刺激に対して耐性をつけ鈍化していく習性があるので、強い薬でも使い続けているとだんだん効果が薄れてきます。

効果がなくなってしまうとまた便が溜まってしまうので、さらに強い薬に頼るようになってしまうのです。そうなると、もう薬なしでは満足に排便できなくなる体に変わってしまいます。

下剤は身体の正常な機能を奪う

健康な状態の腸は食べ物が中に入ってくると、ぜん動運動で下に送り出すと同時に身体に必要な水分を吸収する機能を持っています。

ですが、なんらかの理由で便秘になり、刺激性の下剤で排便を促してしまって以降、ずっと下剤を使い続けていると気付かないうちに腸が正常な機能を失ってしまう危険性があります。

人間の身体は刺激に慣れるように出来ています。腸に刺激を与えて排便していても、その刺激に対して鈍くなってしまうのです。そうなると、たとえ体が自然に排便しようとしても腸がそれを便意(刺激)として認識できないので、ぜん動運動が鈍くなってしまうのです。

そうなってしまうと根本的治療には非常に時間が掛かりますし、なにより便秘の問題はずっと続いたままなのです。

そうなると非常に辛い思いをすることになってしまうので、たとえ便秘になったとしても安易に薬に頼るのは危険です。

薬じゃなくても便秘は治せる

便秘は何もある日突然なってしまうわけではありません。便秘気味の兆候は身体に表れますし、便秘の原因となる生活習慣乱れや食生活の偏りは自覚することができます。

便秘は特になりかけの軽度なものであれば、生活習慣の改善で簡単に自然治療することができます。

食事の内容も「食物繊維を意識して摂るようにする」、「水分としっかりと摂り、油分も適度に補充する」など少し考えるだけで便秘対策ができるので、早めの対処が便秘には肝心なのです。

また、自然な排便力を高めるために筋力(特に腹筋)を維持することも大切です。運動不足を感じるようであれば、適度な運動やストレッチなどを生活リズムの中に組み込んでみましょう。新陳代謝が活発になり血液の巡りも良くなるので、その他の内臓の健康にも非常に有益です。

便秘薬は確かによく効きますが、それに頼りすぎると後で痛い目にあってしまいます。まずは生活習慣の改善などで治すようにチャレンジし、薬は最後の手段として取っておきましょう。

便秘薬は市販されているものも含めて、効果が強く手軽です。なのでそれだけに、安易に独断で使うのは避けるべきなのです。副作用があることを常に考慮し、使う時は医師や薬剤師に相談するといいでしょう。

おすすめの乳酸菌&オリゴ糖 北の達人「カイテキオリゴ」 はぐくみプラス「はぐくみオリゴ」
メディアで注目のサプリメント 腸内環境サプリ「天然美通」

症状に合わせた便秘の解消方法一覧

  • まだ軽めの便秘には
  • 慢性化した便秘には
  • 症状が重い便秘には
  • 赤ちゃんの便秘には
ページトップ