妊娠中でも使える便秘薬はある?

女性は妊娠すると体質が子供を育て、産むための身体に変わっていきます。その変化の際に、様々な症状が出てくることがあるのです。

中でも多いのが妊娠による便秘の症状です。これは黄体ホルモン(赤ちゃんを育てる環境を整えるために分泌されるホルモン)が多量に分泌されることが原因とされていて、便秘の症状も慢性化しにくいです。

便秘が辛いとつい薬を使って治してしまおうと考える人もいるようですが、妊婦が独断で薬を服用するのは非常に危険です。最悪の場合、流産の危険性もあるので注意しましょう。

妊婦に適した便秘薬とは?

妊婦が使っても安心な便秘薬の条件は第一に「効果の優しい便秘薬」であることです。

そのため、病院で処方される便秘薬で一般的なのが『酸化マグネシウム系』の便秘薬になります。この便秘薬は効果が他の薬と比べても優しく、妊婦が安全に使えるため軽い症状の便秘などに広く使われています。便に水分を含ませて排出しやすくする働きをするので、身体への負担も少ないのです。

また、『ラキソベロン』という薬も有名で、もし酸化マグネシウム系の薬では効果が無いとなった場合に使われることが多いです。

ラキソベロンの利点はなんと言っても、個人個人に合わせて量を調節できることです。病院で体調に合わせた適量の処方が可能なので、妊婦に対してもよく使われています。

なので、もし貰った薬が効きすぎていると感じた場合は、いったん服用を止めて医師に相談するようにしましょう。

妊婦が避けるべき下剤

下剤の中には妊婦が飲むのに適していない成分の含んだ下剤もあります。『アントラキノン系下剤成分』などがその最たるもので、アロエ、カスカラサグラダ、センナ、大横などに含まれています。

これらの成分が含まれている下剤には子宮収縮作用があることが確認されており、妊婦が服用すると流産や早産を誘発してしまう危険性があります。よって、アントラキノン系の下剤は妊婦が便秘薬を選ぶにあたって真っ先に除外してしまって構いません。

また、これらの成分が含まれていない下剤でも、服用前にかかりつけの医師と相談して飲んでも問題が無いかどうかの確認をしておきましょう。妊婦は薬に関しては慎重になり過ぎるぐらいでちょうどいいですよ。

妊婦は自分一人の身体ではなく、赤ちゃんと二人で一つの身体であることを強く自覚する必要があります。

便秘薬などは身体の内側から作用するものなので、身体には程度の差はあれ負担が掛かってしまいます。刺激の強い薬や成分が妊婦に適さない薬を知らずに飲んでしまうのは非常に危険です。

便秘はれっきとした病気であり、また妊婦にはよく見られる症状の一つです。我慢したり恥ずかしがる必要はないので、医師に相談してきちんと対策を取りましょう。

おすすめの乳酸菌&オリゴ糖 北の達人「カイテキオリゴ」 はぐくみプラス「はぐくみオリゴ」
メディアで注目のサプリメント 腸内環境サプリ「天然美通」

症状に合わせた便秘の解消方法一覧

  • まだ軽めの便秘には
  • 慢性化した便秘には
  • 症状が重い便秘には
  • 赤ちゃんの便秘には
ページトップ