妊娠中は自己判断で下剤を飲んではダメ

便秘の症状が重くて薬局に便秘薬を買いに行っても、妊婦さんの場合は薬剤師から断られる場合があります。

ですが、これにはちゃんとした理由があるのです。

妊娠中に使う薬は必ず医師のOKを貰ってから!

妊婦が自分の判断で下剤を飲んでしまうと、最悪の場合流産の危険性まであります。なぜかというと、一般的な便秘薬(下剤)には成分の中に子宮収縮作用があるものが含まれており、それが流産や早産を誘発してしまう恐れがあるのです。

子宮収縮作用

子宮の神経が刺激を受ける事で一時的に収縮する作用のこと。この作用が起こるとお腹が張ったと感じる。

妊娠中の収縮作用は非常に危険で、強く表れると流産や早産を誘発してしまう。とくに連続して収縮作用が起こった場合は病院に行く必要があります。

この症状は便秘薬全般に対して注意しなくてはいけません。漢方薬なども成分によっては母体に影響がある可能性もありますので、妊婦が安易に市販薬に頼るのは避けておきましょう。

妊娠中というのはいつもの自分の身体とはまったく違うものだと考えてください。普段平気だったものでも、妊娠中の身体には危険であるものは多いです。特に薬に関しては、必ずかかりつけの医師に相談のうえ、飲んでも良いと言われたものだけを服用するようにしまよう。

同様に、病院で出された薬も注意して飲むようにしてください。体調が常に一定とは限らないので、薬を飲んだ後に調子を崩したり効き目が強すぎると感じた場合は、飲むのをいったん止めて医師に相談しましょう。病院で処方される薬は量を調節できるので、自分にあった適量を処方してもらえるはずです。

注意! 薬の成分の中にある妊娠中に摂ってはいけないもの

便秘薬の中には『センナ』や『大黄』といった成分が含まれているものがありますが、これらは妊婦にとって避けるべき成分です。

センナや大横には子宮収縮作用のある成分が含まれているため、流産や早産を誘発する恐れがあります。妊婦にとっては非常にリスクの高いものなので、必ず避けておくようにしましょう。

間違って多量に摂取してしまった場合は、必ず病院に行ってください。個人差によって少量の服用ならば可能なケースもありますが、飲む前にまずかかりつけの医師に相談するのは必須です。

妊娠中に安易に市販薬を飲むのはまったくオススメできません。身体の中にもう一つ命を抱えているのですから、以前なら大丈夫だったことも大丈夫でなくなっているのです。特に薬に関しては身体の内側に入れるものですから慎重にならなくてはいけません。

もちろん、薬に頼りすぎてはいけませんが、我慢も身体には毒です。薬の服用には、きちんと成分を確かめた上で医師に相談して、飲んでも問題無いと確認してから服用するようにしましょう。

おすすめの乳酸菌&オリゴ糖 北の達人「カイテキオリゴ」 はぐくみプラス「はぐくみオリゴ」
メディアで注目のサプリメント 腸内環境サプリ「天然美通」

症状に合わせた便秘の解消方法一覧

  • まだ軽めの便秘には
  • 慢性化した便秘には
  • 症状が重い便秘には
  • 赤ちゃんの便秘には
ページトップ