妊娠すると便秘になりやすくなるって本当?

赤ちゃんを授かるというのはとても嬉しいことですが、妊娠することによって体に変化が起き色々な症状が出てくることがあります。特に多いのは便秘で、これは妊娠による黄体ホルモンの分泌が原因とされています。もっとも、この便秘は慢性化するようなものではなく、一時期便秘が続いた後にスッと解消してしまうケースもあるようです。

ですが、一度便秘が解消してもその後また便秘になってしまう妊婦の方は、実は相当な数いるようです。

妊娠初期と後期でそれぞれ便秘になってしまうのは、どういった原因があるからなのでしょうか?

妊娠初期の便秘

妊娠初期〜4ヵ月は体内で黄体ホルモンが分泌されています。この働きは非常に活発であるため、その副作用的に便秘になりやすい体になってしまっているのです。

そもそも、黄体ホルモンは悪い物質ではありません。授かった胎児をきちんと育てるために子宮の状態をそれように整える役割のために分泌されているのです。そして、乳腺にも作用して胸を授乳させれるようにしたりと、なくてはならない非常に大事な物質なのです。

ですが、黄体ホルモンには腸の働きを抑制する作用もあるのです。腸の機能が弱まると、やはりそこから便秘になりやすくなりますね。また、妊娠初期には「つわり」の症状が出ることもあり、食欲は減退気味であることが多いです。そうすると食事の量も少なくなってしまい、便が中々出ないようになります。

妊娠初期の便秘の原因は大きく二つ、【黄体ホルモンの分泌による副作用(腸の機能低下)】または【つわりによる食欲減退 → 食事量が減って便が少なくなる → 腸の機能が低下、便意が弱まる】以上のような事情があったのです。

妊娠後期の便秘

妊娠初期の便秘は慢性化することは少なく、いったんスッと解消することが多いです。ですが、お腹の中で赤ちゃんが育ってくるに従って子宮はどんどん大きくなり、隣の臓器である腸を圧迫するようになります。そうなると、また身体は便秘になりやすくなるのです。

さらに、血行不良による身体への影響は下半身にまで表れます。顕著に表れる症状としては、痔や脱肛などによって排便時に痛みを伴うようになるなどです。そうなってしまうと身体への負担が大きくなり過ぎるので、可能な限り早急にかかりつけの医師に相談しましょう。

便秘に我慢は大敵! 治らない時は医者を頼ろう

便秘はその悩みや問題が日常的になり過ぎている所があり、治療に関しても軽視されがちです。「たまたま体調が悪いだけ」、「そのうち治るだろう」そう考えて便秘を我慢してしまう人は非常に多いです。ですが、便を我慢することは身体にとってはハッキリと悪いことです。また、便秘を放置しておくことでさらに症状が悪化し、腸閉塞などを起こしてしまう危険性もあります。

実際、過去の事例として妊婦が便秘であることをずっと我慢し続けた結果、症状が悪化して便の摘出に手術まですることになったこともあります。

便秘の状態が長く続くと、溜まった便は腸内で水分をどんどん失っていき、最終的には岩石のように固まって自力で排出することが困難なまでになります。そうなる前に、便秘への対処は早め早めに取り組んでおきましょう。

前述の通り、妊娠することで便秘になってしまうことはよくあることです。恥ずかしがるようなことでもないので、我慢せずにかかりつけの医師に相談して便秘対策の薬を処方してもらいましょう。便秘の状態は身体に負担が掛かるので、母体にとっては望ましくありません。赤ちゃんを第一に考えるなら、便秘の放置は厳禁です。

便秘薬の中には妊婦にも適した効果の優しい薬もありますし、適度に身体を動かすことや便秘解消の食事療法などは母体の健康にとってもプラスになります。これらを効果的に活用して、便秘は早々に治してしまいましょう。
(※ 『便秘解消のためのワンポイントアドバイス』も参考にしてください。)

おすすめの乳酸菌&オリゴ糖 北の達人「カイテキオリゴ」 はぐくみプラス「はぐくみオリゴ」
メディアで注目のサプリメント 腸内環境サプリ「天然美通」

症状に合わせた便秘の解消方法一覧

  • まだ軽めの便秘には
  • 慢性化した便秘には
  • 症状が重い便秘には
  • 赤ちゃんの便秘には
ページトップ