生理前症候群(PMS)に要注意

女性が生理前に体調を崩したり精神的に不安定になったりする症状を『PMS(プレメンストリュアル・シンドローム)』といいます。このPMSによる心身の不調は、女性の約8割が一度は経験した事があるそうです。

そして、PMSの症状が出る原因となるのが女性の生理前に分泌されるホルモン物質である黄体ホルモンだとされています。と言っても、黄体ホルモンは女性にとっては無くてはならないものです。月経や妊娠などを機能させるためには黄体ホルモンが欠かせません。

また、生理前に便秘の症状が出てくるような場合、やはり黄体ホルモンの影響である可能性があるのです。

『PMS(プレメンストリュアル・シンドローム)』になるとどうなるのか?

PMSは女性特有の心身の不調が続く症状です。排卵〜月経開始の1〜2週間ほどですが、不快な気分や身体の調子が悪くなるなどの状態に陥ってしまいます。

この症状は女性の多くが経験しているものですが、症状の重さには個人差があり、発症しても自覚がないまま終わってしまう人もいます。逆に、普段の日常生活が上手くおくれなくなるレベルにまで影響が出る人もいるので、PMSの症状は千差万別です。

では、PMSにかかってしまうとどのような症状がでるのでしょうか。下記の一覧で確認してください。

PMSの症状ちと原因
  • むくみ
  • 乳房の張り
  • 頭痛
  • 肌荒れ
  • 腰痛
  • 甘いものが欲しくなる
  • 情緒不安定
  • 下腹部膨満感
  • 下腹部痛
  • 食欲の亢進
  • 便秘と下痢

生理の約1〜2週間前ほどからこのような症状が起こった場合、PMSであると考えられます。また、PMSは無排卵月経の女性には起こらないといわれ、その原因は排卵〜月経までの期間に分泌されるようになる黄体ホルモンに関連があると考えられています。

また、黄体ホルモンの特徴として体内に水分を溜め込みやすくなるというものがあります。生理の時期になると顔がむくんで見えたり乳房が張ってしまうのはこれが原因です。

さらに、黄体ホルモンによって脳内物質の分泌が乱れることも分かっています。生理前に精神的に不安定な状態になりやすいのはこのためなのです。

ですが、黄体ホルモンは排卵や妊娠の機能を司る重要なホルモンであり、女性にとっては必要不可欠の存在です。分泌されることはデメリットばかりでないことを覚えておいてください。

PMSと便秘の関連性

PMSが発症すると同時に便秘にもなってしまいます。

生理の前になると便秘気味になると感じている女性の方は、その原因がPMSである可能性が考えられます。

そして、PMSの原因が黄体ホルモンである以上、やはりこの便秘の原因も黄体ホルモンが関与しています。もはや、PMSの中に便秘の症状も含まれているのです。

前述しましたが、黄体ホルモンは水分を溜め込む性質があります。そして黄体ホルモンは腸にいるため、腸から水分を奪ってしまうのです。すると腸内の便から水分が失われ、便は固くなり排出するのが難しい、つまり便秘になるわけです。

PMSの治療方法

便秘薬で治す

PMSから起こる便秘は、便秘薬を使うことで比較的楽に解消できます。

慢性的ではなく生理前に一時的に便秘になるという人には特に効果が高く、すぐに排便することが出来るはずです。

注意点としては、強い薬を使うのは避けるようにしましょう。PMSが原因の便秘の場合は、効果の穏やかな薬でも充分な効果が望めますので、身体への負担が大きい強い薬は必要ありません。

食事など生活改善で治す

薬を飲めない事情があったり、薬を使わずに治療したいと考えるのならば、食生活の見直しが必要になります。便秘解消に効果の高いヨーグルト+オリゴ糖の組み合わせやプルーンなどを、日々の食事に取り入れてみましょう。

プルーンには固くなった便を緩くする働きがあり、便が軟化すればそれだけ排出がしやすくなるので、自然な排便が出来るようになります。ただ、食べ過ぎると軟らかくなった便が下痢になってしまうので、適量を守って摂取しましょう。

ヨーグルト+オリゴ糖の組み合わせは、腸内環境の改善による便秘解消のための強力コンビです。自然な排便が出来るよう腸の調子を整えてくれるのでオススメです。

ヨーグルトの中のビフィズス菌はその餌となるオリゴ糖と一緒に摂ることで、効率よく腸内で善玉菌が増殖していくようになります。ヨーグルトには必ずオリゴ糖を合わせて摂るようにしましょう。

PMSには逆効果になるものとは?

PMSの症状が出ている時にカフェインの摂取はNGです。カフェインとPMSの組み合わせは症状を悪化させる最悪のコンビなので、コーヒー、紅茶、緑茶などのカフェインを多く含む飲み物は避けるようにしましょう。

PMSが原因となって起こる便秘は生理の期間だけで終わることが多いです。慢性化はしにくいので中には「ちょっと我慢したら治る」と考えている人もいるかもしれません。ですが、便秘はいわば身体に負担を与え続けている状態です。その間腸の機能はどんどん低下してしまうので、早めに対処してしまうのがオススメです。

また、自分でどうしていいか分からない時でも、婦人科の中にはPMSの治療を扱っている病院もあります。普段通りの生活がおくれなくなるほどPMSの影響が強く出る人の場合は、1人で悩まずに医師に相談して治療計画を立てるようにしましょう。

おすすめの乳酸菌&オリゴ糖 北の達人「カイテキオリゴ」 はぐくみプラス「はぐくみオリゴ」
メディアで注目のサプリメント 腸内環境サプリ「天然美通」

症状に合わせた便秘の解消方法一覧

  • まだ軽めの便秘には
  • 慢性化した便秘には
  • 症状が重い便秘には
  • 赤ちゃんの便秘には
ページトップ