便秘と生理痛の意外な関係

生理痛は女性にとっては切っても切れない悩みの種の一つです。生理痛とどのように付き合っていくかの折り合いは個人の経験で学んでいくしかないのでしょうが、一つ注意しなければいけないことがあります。それは、便秘と生理痛はお互いに影響しあう関係であるということです。

生理痛の起こる場所は子宮であり、便秘の起こる場所は腸です。この二つの臓器は隣接しあっているので、何かあった場合に隣の臓器にまで影響が出ることがあるのです。特に、便秘と同時にひどい生理痛が襲ってくるような経験を持っている人は注意しなくてけません。

便秘の何がどう生理痛とつながるのか

冷え性の放置で病気が悪化する?

便秘に悩んでいる人の多くは同時進行で冷え性の問題も抱えています。この二つにはもちろん関係があり、便秘による腸内環境の悪化が冷え性の原因と言われています。

というのも、便秘というのは体内の代謝機能が低下して腸内環境が悪くなっている状態なのです。代謝機能が低下すると血行の巡りが悪くなり、血行不良を起こしてしまいます。そして、血行不良による生理痛の悪化など連鎖的に症状は重くなっていくのです。

生理痛がきついのは張った腸が原因であることも

生理痛が起こる子宮と便秘の原因となる腸は隣接した位置にある臓器です。この時、便秘による悪性ガスで腸が張ってしまうと、子宮を圧迫して生理痛がさらに酷くなるケースがあるのです。

便秘と生理痛の裏側に潜んでいる病気とは?

便秘と生理痛には密接な関係がある場合が多いです。特に生理痛が我慢できないほど辛いという場合は要注意です。便秘や生理痛の裏にもっと大きな病気が潜んでいる可能性があります。

その一例が『子宮筋腫』です。子宮筋腫を発症すると、便秘の症状が出ると同時に生理痛がひどく重いものになっていきます。もし、その便秘を解消した時に生理痛も軽くなれば問題はないのですが、生理痛が酷くなる一方という場合は病院での検査が必要になります。

その他にも、子宮筋腫を見分ける方法としてオリモノに異常が出ることがあります。もし便秘と思い生理痛に悩んでいるのならば、その他の症状が出ていないかどうか確認することをオススメします。

便秘と生理痛は女性にとっては身近すぎる問題になっています。生活しながら付き合っていかなくてはいけないので、問題の解消を後回しにしたり症状を軽く見てしまう傾向があります。ですが、その影にはさらに重大な病気が潜んでいる可能性があることを忘れてはいけません。

また、ある種の病気に罹患した結果、便秘や生理痛と同じ症状が身体に出てくるというケースもあります。便秘が中々解消しない、生理痛がどんどん酷くなる、そういった悩みがある方はできるだけ早い段階で婦人科で診察を受けることをオススメします。

おすすめの乳酸菌&オリゴ糖 北の達人「カイテキオリゴ」 はぐくみプラス「はぐくみオリゴ」
メディアで注目のサプリメント 腸内環境サプリ「天然美通」

症状に合わせた便秘の解消方法一覧

  • まだ軽めの便秘には
  • 慢性化した便秘には
  • 症状が重い便秘には
  • 赤ちゃんの便秘には
ページトップ