便秘の症状がまだ軽い人の解消法

便秘がさほど深刻ではなく、軽度のものという自覚がある場合は、市販の下剤などに頼らず、自然な便秘解消法を試してみることをおすすめします。

下剤は確かに強力ですが、その分「副作用」というデメリットがあります。また軽度のうちから服用を続けると、依存症に陥ってしまう可能性もあります。下剤を服用するのは、あくまで症状がひどくてどうしようもないときのみに抑え、まずは体質改善から始めましょう。

食生活で便秘を治す4つのポイント

便秘の原因はそのほとんどが腸内環境の悪化によるものです。そのため、便秘を解消するには、食生活を見直し、腸内環境を整えるのが大事です。ここでは食事でできる便秘解消法を紹介します。

毎日3食、きちんと食べること

便秘が現代病として知られる昨今、その原因は「朝食を食べないこと」にあるのではないか、と言われています。不定期な食事をしたり、食事の量が少ないと、当然、便の量も減ってしまいます。その結果、腸に便を出す習慣が付かず、便秘の原因になります。

栄養バランスを考え、野菜中心の食生活に

栄養バランスを整えるのも便秘解消の大事なポイント。特に腸内環境を悪くしてしまう肉類は控えるようにしましょう。また栄養バランスを考え、野菜中心の食生活に切り替えることで、腸内環境はさらに良くなります。

こまめな水分補給を行なうこと

水分が不足すると、便が固くなり、出にくくなってしまいます。特に仕事中などに水分をあまり摂らない人は要注意。一日2リットル程度を目安に、こまめに水分を摂るだけで便秘解消につながるケースは多くあります。

2種類の食物繊維を多く含む食品を食べよう

食物繊維が便秘解消に役立つことは有名ですが、このバランスにも注意したいところ。食物繊維には「不溶性食物繊維」と「水溶性食物繊維」の2種類があり、前者はキャベツやレタスなどの野菜類、後者はワカメや昆布などの海藻類に多く含まれます。これらをバランス良く摂るのが便秘解消のコツです。

便秘になるのは、毎日の生活で腸が疲れてしまっているからです。それを改善すれば軽度の便秘ならば、徐々に良くなっていくでしょう。

オリゴ糖×乳酸菌でさらに便秘解消ブースト

軽度の便秘の場合、食生活を改善し、続けることで便秘は徐々に治っていくと思います。

ですが、中には、
「今も野菜中心で3食きちんと食べてるけど?」
「いきなり食生活を変えようというのは難しい」
「日々ゆっくりではなく、もっと早く便秘を治したい」
という人がいるかもしれません。

そういう人は、普段の食生活に「オリゴ糖」や「乳酸菌」を取り入れてみましょう。

一般的な栄養分とは違い、「乳酸菌」は直接腸内環境を整える効果があり、腸の蠕動運動を手助けしたり、便の水分調整を行なう役割があります。つまり便秘の人に最適な成分ということです。

そして、「オリゴ糖」は便秘解消のために働く乳酸菌のエサになる存在です。人間も食事をしなければろくに動けないのと同じく、乳酸菌もオリゴ糖がなければ、満足に働くことができません。ですから、「オリゴ糖」と「乳酸菌」はなるべく同時に摂るのがおすすめです。

ちなみに、オリゴ糖や乳酸菌は、日常的に食べている食品にも含まれています。

オリゴ糖を含む食品

大豆、とうもろこし、にんにく、さとうきび、キャベツ、じゃがいも、バナナなど

乳酸菌を含む食品

醤油、味噌、納豆、キムチ、日本酒など

ですが、こうした食品に含まれるオリゴ糖や乳酸菌はごくごくわずかであり、しかも摂取しても生きたまま腸内に届くことが少ないという特徴があります。

そのため、なるべく早く便秘を解消したい場合には、「生きたまま腸に届く」ように作られた、専用の乳酸菌サプリメントやオリゴ糖を摂ることが大事です。

食生活が改善できていない人はもちろん、正しい食生活を送っているという人でも、「オリゴ糖」や「乳酸菌」を積極的に摂ることで、お腹に関する悩みはかなり改善すると思います。軽度の便秘ぐらいであれば、便秘薬に頼ることなくスッキリできると思います。

おすすめの乳酸菌&オリゴ糖 北の達人「カイテキオリゴ」 はぐくみプラス「はぐくみオリゴ」
メディアで注目のサプリメント 腸内環境サプリ「天然美通」
ページトップ