高齢になると便秘の原因が増える

若いうちに便秘に悩まされたことはなかったのに、加齢に伴って便秘になったという人は大勢います。実はこれは不思議なことでもなんでもなく、自然なことです。人は年齢を重ねるたびに便秘になりやすく、事実、男女の違いを問わず、30代と60代では便秘のリスクが2倍に膨れ上がると言われています。

では、なぜ歳を取ると便秘になってしまうのか、その主な原因を紹介します。

高齢者が抱える便秘のリスク

肉体の衰え

「老いては益々壮んなるべし」とは言いますが、やはり歳を取ると肉体の衰えは隠せません。これが便秘の大きな原因のひとつです。まずは筋力そのものの低下、特に腹筋周りは腸の動きに直結します。そしてもちろん、腸自体の機能も衰えますので、便がなかなか運ばれず、長く腸内に留まることで水分が失われ、固くなるので、さらに便秘になりやすいのです。

食事量の減少

歳を取ると消費カロリーも少なくなり、消化機能も衰えてしまいますので、どうしても食事の量が減ってしまいます。食べる量が減ると便の量も減ることになり、排便をする習慣が付かなくなってしまうのも問題です。

さらに、食事量と同時に水分を取らなくなるのも便秘の一因となります。トイレや尿漏れを気にして水分を取らなくなると、ただでさえ少ない便から水分まで失われ、固くなってしまいます。固く、少ない便は、若い人にとってですら便秘の原因になるので、高齢者ならばなおさらです。

常用薬などの影響

歳を取って、様々な薬を常用するようになってはいないでしょうか? もしそういう人がいれば、それが便秘の原因になっているかもしれません。どんな薬にも大なり小なり副作用のようなものがあり、ものによっては薬の副作用として便秘のような症状が出てしまうものもあります。

便秘の副作用が出やすい薬としては、「抗生物質」や「抗うつ剤」が代表的です。

もちろん、こうした薬は必要だから飲んでいるのであって、便秘の副作用があるからと服用を止めるわけにはいかないでしょう。でも、どうしても副作用が辛い場合は、薬を処方してもらっている医師に相談し、別の薬を処方するなどの対策も必要です。

便秘を解消するためのコツ

高齢者の便秘は身体的な負担も考えると容易に薬に頼るわけにもいかず、簡単に治すのは難しいと言っていいでしょう。ですが、逆に薬に頼らない分、日常生活に便秘解消の工夫を凝らすことで若年層よりも健康的に便秘を改善できるという見方もできます。

トイレに行く習慣をつけよう

便秘を解消する最も簡単な方法は、便意がなくてもトイレに行く習慣をつけることです。歳を取ると、便そのものの量が減り、それに伴ってトイレに行く回数も減ってしまいます。ですが、決まった時間にトイレに行く癖をつけておくことで、体がそれを覚えて自然と便を出しやすい環境を整えるようになってきます。

高齢者の人は、介護の人の手を借りなければトイレに行けなかったりすることもあり、迷惑をかけまいとして便意を我慢したりすることもあるようですが、これはむしろ逆効果。便秘になれば、余計な迷惑をかけることになりますので注意しましょう。

運動を欠かさない

肉体の衰えが便秘の原因になってしまうのは明らかです。そのため、無理をしない範囲で大丈夫なので、毎日欠かさず運動をしましょう。もちろん、極端な筋力トレーニングなどは必要ありません。むしろ散歩や家事、畑仕事など日常的に行なう全身運動を続けるだけで十分です。体が自由に動くだけの筋力を保っていれば、便秘の原因にはならないでしょう。

食生活を改善する

高齢者の便秘は、ちょっとした食生活の改善で治すこともできます。ここではいくつか普段の食事で気を付けておきたいことを重要な順にまとめました。

  • 水分をしっかりとること
  • 乳酸菌を摂ること
  • 食物繊維の含む食品を取り入れること
  • 栄養価の高い食べ物や飲み物を選ぶこと

まず大事なのは水分をしっかりと取ることです。自分では気付きにくいかもしれませんが、歳を取ると喉の渇きを感じにくくなり、水分補給が十分にできていない場合があります。その結果、便が固くなって便秘になるので、こまめに水分をとるようにしましょう。

ちなみに、このときに食物繊維を含むお茶などがあれば、水分を補給しながら自然に便秘対策ができるのでおすすめです。

次に大事なのが乳酸菌を取ることです。乳酸菌は腸の動きを手助けしたり、便の水分調整を行なって排便を楽にしてくれる菌ですが、意識して増やさなければ、加齢とともにどんどん減少していくという性質を持っています。

これまでに何の便秘対策もしていないという人の場合は、特に乳酸菌の数が減っている可能性があります。ヨーグルトなど乳酸菌を含む食品を食べたり、サプリメントなどでしっかりと摂っておくことが大切です。

その他、便秘に良い食物繊維や栄養価の高い食べ物を積極的に摂るのも大事なことです。特に発酵食品や酵素を多く含んだ食品は、便秘だけに留まらず、健康を基盤から支えてくれるでしょう。薬などに頼らなくても、便秘を治すことはできます。いつまでも元気でいられるよう、歳を取ってこそ健康に気を配りましょう。

おすすめの乳酸菌&オリゴ糖 北の達人「カイテキオリゴ」 はぐくみプラス「はぐくみオリゴ」
メディアで注目のサプリメント 腸内環境サプリ「天然美通」
ページトップ