腸の機能が衰えると便秘になりやすくなる

人間は歳をとると内蔵機能が低下します。腸の正常な機能であるぜん動運動(食べ物を下に送る働き)と水分を吸収する働きも、加齢と共にパワーダウンします。

また、筋肉も衰退していくので、腸のぜん動運動が鈍くなってしまうのも便秘の要因の一つです。便を下に押し出す力が弱くなるので、必然的に腸に便が溜まっている期間が短くなるのです。

そうなると便は腸の中で水分をどんどん吸収されてしまうので、カチカチに固くなって自然に排出することが困難になってしまうのです。

固くなった便を出すには強くいきまなくてはいけませんが、腹筋などが衰えているとその力も弱まっています。無理にいきむと血圧が上昇してしまいますし、こうなると高齢者にとっては八方塞の状態です。

高齢者になると何もしないでも便秘になりやすい条件がどんどん揃っていってしまうので、放置しておくのは危険です。肉体の変化とともに生活習慣や食生活も改善していき、便秘になりにくい状態を保っておきましょう。

効果的な食事の改善

食事と排便は密接な関係にあります。食事の内容を改善することで、便秘を治すことができるのです。

便秘解消に効果があるとして有名な食物繊維ですが、これの摂取の仕方も注意が必要です。食物繊維には水溶性と不溶性の二種類があるので、2つをバランスよく意識して摂るようにしなければけません。

食物繊維には便を増やす働きがあるので、便の量が増えると腸が排出しようとする働きを強くして自然な排便を促せます。胃で消化されずに腸まで届くのも食物繊維の特徴です。

ですが、高齢者の場合ですと食物繊維を摂るのにも一工夫しておきましょう。レタスなどの生野菜は食物繊維を多く含みますが、身体を冷やしてしまう危険性もあります。芋類(サツマイモ、サトイモなど)や豆類(落花生、枝豆、納豆)などをメインに玄米やおからで食物繊維を摂るようにすると安心です。

高齢になるほど健康管理は大事になります。自覚的に身体に良い工夫を生活に取り入れていきましょう。

同時に、水分補給は絶対に怠ってはいけません。

食物繊維は便を増やす働きがあるので、便そのもに水分が足らずに固くなってしまうと、かえって逆効果です。しっかりと水分を摂り、自然な状態で排便ができるように注意しておきましょう。

便秘にはオリゴ糖

便秘の解消に食物繊維を摂るというのは、確かに効果も高く健康にも役立ちます。ですが、年齢を重ねると食べられない食材や食事制限なども出てきて、その中から食物繊維の多い食事となると選択の幅が狭まってしまいます。

食物繊維が豊富な食材はよく噛まないといけない物も多いですし、年齢とともに味覚が変わってくることもあります。せっかくの食事ですし、肉体的にも精神的にも楽しくご飯を食べたいと考えるのは普通のことでしょう。食事制限などで「食べたくても食べれない」ジレンマを抱えている人もとても多いです。

そこで、便秘に悩んでいて、なおかつ色々な事情で食物繊維をコンスタントに摂取するのが難しい場合には『オリゴ糖』を試してみましょう。

オリゴ糖には腸内環境をキレイにする働きがあり、便秘の解消に非常に役立ちます。オリゴ糖はビフィズス菌のエサになるので、腸内までとどいたオリゴ糖の効果でビフィズス菌を増殖させることができるのです。

ビフィズス菌は腸内に数ある細菌の中でも善玉菌の代表格的存在です。善玉菌が増えれば相対的に悪玉菌は減っていき、腸の中を健康な状態に保つ事ができるので、身体に良いことがどんどん続いていきます。

さらに効果的な方法として、オリゴ糖とヨーグルト(ビフィズス菌入りの物)を同時に摂取すれば効果は更に増します。食事の後のデザートとして食べるようにするといいでしょう。

なお、使うオリゴ糖は高純度の天然オリゴ糖を選ぶようにしてください。天然オリゴ糖は『ラフィノース』という種類で、砂糖よりも低カロリーで吸収率が低いのが特徴です。糖分を過剰に摂取することに心配のある人でも安心して使えます。

また、摂取量ですが、そんなに大量に食べる必要はありません。目安としては1日スプーン一杯で充分に効果があるので、1日の食事の中に簡単に組み込むことができます。手軽さの面で考えても非常に優秀な方法となっています。

年齢とともに肉体は変化していき、それと同じように生活習慣や食事も改善していかなければいけません。

内臓も若い頃より幾分もパワーダウンしています。腸への負担はそのまま病気へのリスクに繋がりますので、日頃から身体のケアを心がけておくことも大切です。自分から意識して健康的な生活を作り上げていきましょう。

おすすめの乳酸菌&オリゴ糖 北の達人「カイテキオリゴ」 はぐくみプラス「はぐくみオリゴ」
メディアで注目のサプリメント 腸内環境サプリ「天然美通」

症状に合わせた便秘の解消方法一覧

  • まだ軽めの便秘には
  • 慢性化した便秘には
  • 症状が重い便秘には
  • 赤ちゃんの便秘には
ページトップ