高齢者は弛緩性便秘や直腸性便秘になりやすい

高齢者が悩まされることの多い便秘は2つです。『弛緩性便秘』と『直腸性便秘』。この2つは特徴や原因なども違いますので、順番に説明していきます。

弛緩性便秘は腸がゆるんでしまいぜん動運動が正常に行われないことによって起こります。ぜん動運動が鈍くなると、腸は便を押し出す力が弱くなってしまうからです。

弛緩性便秘の主な原因となるのは「筋力の低下」です。高齢者のほかにも女性に多く見られる便秘の種類であり、産後の便秘や慢性便秘のほとんどがこの弛緩性便秘によるものだと言えます。

さらに、高齢者は筋力もそうですが内蔵機能も同時に低下している場合が多いです。腸の機能自体が低下しているところに便秘が重なると悪化が進む一方になります。外側と内側の両方に便秘の要因が潜んでいるため、高齢者は注意が必要です。

便秘になってしまうとその影響は身体にも表れます。腸内に便が溜まっているためお腹が張り、圧迫感から食欲も沸かなくなってしまい便秘を助長させます。

そもそも、高齢者になればなるほど食が細くなっていく場合が多いので、食べる量が少なければ作られる便の量も減ってしまい、身体が便を排出しようとしなくなるので腸のぜん動運動はさらに鈍化していきます。

人間は生きている以上、歳を取る事は避けられません。肉体の衰えとそれによって引き起こされる症状はきちんと受け止めて、対処していかなくてはいけないのです。

年齢を重ねれば重ねるほど健康管理は自覚的に行うようにしていきましょう。生活習慣の正常化、運動不足の解消、食生活の改善などで、弛緩性便秘は必ず予防できます。

直腸性便秘の特徴

弛緩性便秘と並んで高齢者に多い便秘の症状が『直腸性便秘』です。直腸性便秘とはいわゆる「便意を感じても我慢してしまう」タイプの人間に非常に多くみられます。

とはいえ、状況的にトイレに行けないことは現代社会においてそう少なくない光景です。特に女性などは直腸性便秘に悩まされやすいようです。

では、高齢者の場合なぜ直腸性便秘になるのでしょうか。その理由は、便意を我慢しているのではなく「便意に気付きにくくなっている」ことに問題があるのです。

人間は肉体の衰えとともに神経系統も鈍っていきます。歳を取ると思うように身体が動かせなくなるように、気付かないところで信号が肉体に届きにくくなっているのです。そのため、腸が便意を訴えても、少しのことでは気付けなくなっています。

そうすると、便は腸内に留まり続け、結果として排便していない期間が長く続きます。その間に腸内では便の水分が失われて固くなってしまうので、今度は自然に排出すること自体が困難になるのです。

さらに、高齢者は筋力の低下などにより便を押し出す力が弱くなってしまいます。日頃運動していないと腹筋などはおちる一方なので、いきむ力が弱くなると便は中々出てきません。

その他にも、歳を重ねるにつれて人間の直腸はどんどん太くなっていく傾向があります。これは直腸を通る便自体も太くなってしうまうということなので、便が直腸付近で固まると辛い目にあいます。

そして一番の問題は、直腸便秘には安易に下剤や浣腸に頼れないという面があることです。薬には大なり小なり副作用があり、その刺激は身体にとっても大きな負担になります。直腸がその刺激で感覚を鈍らせてしまうと、便秘はさらに悪化してしまいます。

直腸性便秘は悪化すると痔やポリープの原因となります。溜まった便から有毒ガスや発ガン性物質がでる危険性もあるので、最悪の場合大腸ガンのリスクも考えられます。もし薬を使う時は独断では行わず、医師や薬剤師に相談するようにしましょう。

便秘を治す鍵は水分補給

弛緩性便秘と直腸性便秘に共通して言えることは、便を出すキッカケで躓いてしまったために悪影響が連鎖的に繋がっていくということです。キッカケを失って腸内に溜まった便は水分を失って固くなり、栓のようになって便秘の症状を引き起こすのです。

この解決方法としてもっとも手軽に行えるのが「水分の補給」です。失った水分を後からでも補ってあげれば、便はまた出やすい状態に戻ります。

そのためには、水分のこまめな補給が必要です。まずは水分を取る習慣を1日のリズムの中に組み込んでしまいましょう。決まった時間に水分をとることで、のどの渇きを感じなくても水分を補給するリズムが出来てきます。

なお、水分補給には水や白湯がいいようです。利尿作用のあるもの(緑茶やコーヒーなど)は避けましょう。尿と一緒に水分も出て行くので、かえって水分不足になります。

そして、便秘薬などは毛嫌いして飲まないよりも、状況に応じて使い分けるようにしましょう。

便秘が辛い時は薬に頼ってでもまずは治してしまった方がいい場合もあります。ですがその場合、市販薬を独断で使うのはオススメできません。

特に高齢者の場合は、日常的に便秘薬以外の薬を飲んでいることも多いでしょう。飲み合わせのことも考えると、まずは医師や薬剤師に相談して薬を処方してもらう方が無難です。

便秘のタイプによっては薬を使うとさらに悪化してしまうものもあります。まずは自分の便秘の症状を把握し、薬を使う場合はまず病院で診察を受けるようにしましょう。

弛緩性便秘と直腸性便秘はいわゆる「慢性便秘」の代表格でもあります。高齢者だけでなく女性なども悩まされていることが多いのです。

便秘は長く抱えていても良いことは何一つ無いので、早めに対処をして治療してしまいましょう。特に高齢者の場合は便秘予防にもなりますので、生活の中に水分補給をするタイミングを作っていきましょう。

おすすめの乳酸菌&オリゴ糖 北の達人「カイテキオリゴ」 はぐくみプラス「はぐくみオリゴ」
メディアで注目のサプリメント 腸内環境サプリ「天然美通」

症状に合わせた便秘の解消方法一覧

  • まだ軽めの便秘には
  • 慢性化した便秘には
  • 症状が重い便秘には
  • 赤ちゃんの便秘には
ページトップ