慢性しがちな便秘を治すためには

便秘の症状は一度なってしまうと非常に辛い思いをします。しかも、それが中々治らずに慢性化してしまうと日常生活が憂鬱になってしまいます。では、なぜこのような便秘の慢性化が起こってしまうのか……その原因は以下のようなものが挙げられます。

1:運動不足が原因でなる便秘

運動不足による筋力の低下が原因となる便秘を『弛緩性便秘』といいます。便秘の中でも比較的多いケースで、腹筋や腸のぜんどう運動の機能が低下することで便が出にくくなってしまうのです。

この便秘は女性や高齢者に多く、また、寝たきりの方や痩せ型の人などにも発症しやすい便秘の症状です。日頃の運動不足が主な原因なので、慢性化しやすい便秘の最有力となっています。

弛緩性便秘の治し方や対処・対策に関しては当サイトの別項目で扱っています。参考にしてみてください。

※便秘には『弛緩性便秘』の他にも『痙攣性便秘』、『直腸性便秘』、『過敏性便秘』などの種類があり、対策もそれぞれで変わってきます。

2:薬の副作用や弊害として発症してしまう便秘

治療中の病気や日常的に薬を飲む習慣がある人の場合、その薬が便秘の原因となっているケースがあります(当サイトの【便秘薬の副作用と弊害】の項で詳しく紹介しています)。

もし薬を飲み始めた時期と便秘気味だと感じるようになった時期が重なるようなら、きちんと主治医に相談するようにしましょう。薬は意外なところで副作用が出てくることもあるので、1人で悩まずに医師の力を借りることが大切です。

3:先天性、又は後天性の腸の異常によってなる便秘

排便は腸のぜんどう運動によって促されるものですが、その腸を動かす神経に不具合が生じたり欠如したりしてしまうと、排便そのものが困難になり便秘になってしまいます。

これは先天性巨大結腸症(Hirschsprung病)などの病気による症状であり、便秘薬などを使っても効果はありません。治療にはきちんとした医師の診察が必要になるので、速やかに病院に行くことをオススメします。

4:病気の影響でなる便秘

『症候性便秘』といって、病気が引き金となってなってしまう便秘の症状です。過敏性腸症候群、糖尿病、大腸ガンなどの病気と合併して便秘になるケースがあるので、注意が必要です。

当サイトの別項目『便秘を伴う主な病気一覧』で紹介していますので、参考にしてください。

5:食事の影響でなる便秘

日々の食事と排便は密接な関係にあります。例えば、便秘に良いとされる食物繊維も過剰摂取になったり摂り方を間違えると、腸内ガスが発生してしまい慢性便秘の原因となるのです。

当サイトの別項目『食べ物が原因で起こる便秘』で紹介していますので、参考にしてください。

6:ダイエットの影響でなる便秘

ダイエットもやり方を間違えると便秘の原因となります。食事制限などで急激に水分や食べ物の摂取量が低下すると、便が出にくくなってどんどん溜まっていきます。

当サイトの別項目『女性に多い、ダイエットが原因の便秘』で紹介していますので、参考にしてください。

7:ストレスの影響でなる便秘

『痙攣性便秘』は主にストレスが原因となって起こる便秘の症状とされています。

ストレスによって体調を崩すと大腸の動きにも悪影響を与えることになり、便秘になってしまうのです。中には便秘と下痢を交互に繰り返す症状も確認されているので、早急な対処が必要となります。このタイプの便秘は特に若い女性を中心に多く見られます。

当サイトの別項目『痙攣性便秘の原因と解消方法』で紹介していますので、参考にしてください。

8:トイレに行くのを我慢してしまうとなってしまう便秘

便意があっても少々のものなら我慢してしまったり、本当ならトイレに行きたいのに無理やり我慢するような癖や習慣を持っていると『直腸性便秘』になるリスクが増大します。

日常的に便意を抑えこんでいる人は特に注意が必要でしょう。

そもそも、肉体が排便を必要としているのにそれを強引に抑え込めてしまうと、腸の便を出す機能自体が便を感知しなくなったり機能不全に陥ってしまい、そこから慢性の便秘への発展していくのです。

当サイトの別項目『直腸方便秘の原因と解消法』で紹介していますので、参考にしてください。

上記のように、便秘が慢性化してしまう原因は色んなところに山ほどあります。

まずは自分の便秘がどういった原因で起こっているのか、しっかりと確かめましょう。次に、慢性化している原因を突き止めればそこからの対処は簡単です。効率的で効果の高い便秘の解消をするためにも、1人で悩まずに医師や薬剤師に相談しましょう。

症状や便秘の重さごとの便秘の解消方法

軽度の便秘の場合(比較的症状が軽い、便秘になってから日が浅い) ⇒ 軽い症状のうちは自然解消が可能です。安易に薬に頼らず生活習慣の改善から始めていきましょう。

中度の便秘の場合(便秘が慢性化している状態) ⇒ 一番注意が必要な段階です。ここで対応を間違えば便秘が悪化してしまうので、きちんとした知識で対策を取りましょう。

重度の便秘の場合(排便が便秘薬頼り、下剤依存症) ⇒ 薬と生活習慣の改善を行い、時間は掛かりますが少しずつじっくりと治していきましょう。必ず医師と相談し治療計画を組むようにしてください。

ダイエット中の便秘の場合(ダイエットと便秘解消を両立したい) ⇒ 下剤などの薬は必要ありません。健康的にダイエットをすることで腸内環境も正常化し、便秘を同時に解消させるようにしましょう。

便秘を解消するための7STEP

便秘は慢性化したものを放置しておくと、ガンなどの重大な病の進行をも見逃してしまうことになります。便秘は気付いた段階でなるべく早く治すようにしましょう。

便秘はその症状の重さにもよりますが、基本的には自然に解消することができる病気です。便秘になると安易に薬に手を出してしまいがちですが、薬にはメリットとデメリットの両方が着いてまわるので使わないに越したことは無いのです。

特に、薬に頼りきりの排便を続けていると、自力での排便力が著しく低下していきます。同時に、薬の刺激に慣れてしまうと薬の効果まで薄くなるのです。そのことも考慮に入れると、薬は最後の手段と考え、なるべく自力で排便が出来るようになるようにまずは生活習慣の見直しから初めてみましょう。

便秘の原因を知ろう

便秘は結果として便が出にくくなるのは同じですが、その原因となるものは様々です。自分がどうして便秘になったのか、慢性化している原因は何かをしっかりと把握しましょう。

また、便秘はその種類によっては薬が効かなかったり逆に悪化するようなパターンもあります。きちんと便秘の種類を特定し、効率的に治せるよう便秘への対策を取りましょう。

食生活の改善が優先(繊維質はバランスよく摂る)

食事と排便は密接な関係になります。食事の内容を見直すことで便秘も解消できるので、食事の問題は便秘を解消するためにはまず最初に取り組みましょう。

まず、便秘を治すには腸内環境を改善しなければいけません。腸内の善玉菌を増やす事を目的にした食生活をするためにも、野菜などを意識して摂るようにしましょう。そうすれば腸の働き(ぜんどう運動)も活発になり、排便がスムーズに行えるようになります。

野菜には繊維質が豊富に含まれているので、腸内をキレイにする働きがあるので積極的に食べるよう心がけましょう。

また、便秘の原因に便そのものの量が少ないケースがありますが、そういう時も繊維質が働いてくれます。繊維質には便の量を増やす効果もあるので、自然と排便が促進されるのです。

野菜の他にも繊維質を多く含む食材はたくさんあります。大豆類、キノコ類、海藻類、玄米などを食生活に取り入れることで、繊維質をバランスよく摂ることができて慢性化した便秘も解消することが可能です。

ぜん動運動が大切な理由

ぜん動運動は腸内の排便に関わる働きの一種であり、この機能が低下すると便秘を招く原因となります。腸が食べ物を肛門まで運ぶ際に収縮したり伸びたりすることから『ぜん動』と呼ばれ、その動きはミミズや芋虫が張って進む姿を連想させます。

ぜん動運動の機能が低下した場合、腹部のマッサージや冷たい水を摂ることで一時的に回復する場合があります。便秘の解消や自然な排便を促すためには、とにかく腸のぜん動運動が活発になるように注意しましょう。

また、ぜん動運動を活性化させる条件として、腸内の善玉菌の増加もあります。普段から腸内環境を整え、善玉菌を増やしておくのが一番の便秘対策とも言えます。

運動不足を解消しよう

便秘の原因には筋力の低下などの運動不足であるケースもあります。ウォーキングなどの身体に無理が出ない範囲で運動をするようにすれば、血行の流れも良くなって便秘への対策になります。

また腹筋をある程度鍛えておくと腹圧を高めることができるので、排便力を強くすることが可能なのでオススメです。

運動は急に激しいことをすると身体に負担が掛かりすぎます。無理の出ないように、最初は20分〜30分程度のウォーキングや軽めのストレッチなどから初めていくといいでしょう。

腸内環境を整えて最近のバランスを調整

腸内細菌は便秘の問題において非常に重要な役割を果たしてくれます。細菌のバランスを整えることが、便秘解消に効果があるからです。

腸内には大別して善玉菌と悪玉菌の2種類の細菌がいます。善玉菌は身体の益になる細菌の総称で、病気の時には免疫力や抵抗力を高める働きをします。一方で悪玉菌は、発ガン性物質を生み出したり腸内炎症を引き起こしたりと病気の原因になるような身体に害を及ぼす細菌の総称です。この二つは常に腸内にあり、どちらが活性化するかで角を突き合わせているのです。

つまり、慢性化した便秘を治すにも病気を予防するにも、腸内の善玉菌の働きを活性化させるのが肝要となってくるのです。そのために腸内環境を改善し、善玉菌が増えやすくなる状態を作るのは非常に大切です。

腸は人間が生きいくうえで非常に重要な器官であり、腸の健康は寿命や老化も左右するとも言われています。健康で長生きするためにも、便秘は放置せずになるべく早く治療するようにしましょう。そのためにも、腸内細菌のバランス調整は必須です。

善玉菌の代表例……ビフィズス菌

 善玉菌の中でも非常に有名であり、人間にとっても長い間良好な関係を築き上げてきた優秀で頼りになる菌です。ビフィズス菌の働きは発ガン性物質の抑制や病原菌の感染予防など、他にも多くの有益な作用を果たしてくれます。

 また、悪玉菌などの病気を引き起こす有害な菌の動きを、ビフィズス菌の分泌物が抑制する効果も認められています。人体の健康を維持するにあたってこれほど頼もしい存在はありません。

 そして、ビフィズス菌はもちろん便秘の解消にも役立ってくれます。ぜん動運動を活発にする働きがあるので、排便力が上がり自然な排便がしやすくなると同時に、悪玉菌を抑制する働きで腸内に腐敗物やガスが溜まるのを防ぎ、下痢も起こさないようにしてくれます。ビフィズス菌を筆頭とした善玉菌が腸内で増加すれば、そもそも便秘にすらならないのです。

悪玉菌の代表例……ウェルシュ菌

ウェルシュ菌はビフィズス菌と真逆の性質を持った悪玉菌の代表格です。発ガン性物質を発生させたり、栄養素を腐敗物質にして肝機能障害を引き起こすなど、悪行ともいえる働きを行う細菌です。

腸内で悪玉菌が増えると、ウェルシュ菌が原因となって腸内に有毒なガスが溜まります。ガスは血中にも溶けて様々な器官に悪影響を与えるようになり、お腹が張ったり悪臭を伴ったオナラが出るようになったりと弊害が表れます。

悪玉菌は不規則な生活が続いたり暴飲暴食をしていると、体調が悪くなってどんどん増殖していきます。また、風邪などで体力が落ちた場合やストレスなどの心的負担も原因となることがあるようです。

人間の場合、加齢と共にビフィズス菌は減少していき、ウェルシュ菌は増殖していく傾向が強いようです。腸内環境を整える努力は、むしろ高齢になればなるほど細心の注意を払っておくべきでしょう。

理想的なビフィズス菌の摂取の仕方は、ビフィズス菌単体で摂るのではなくオリゴ糖と一緒に摂取することです。オリゴ糖は菌の餌としては理想的なので、ビフィズス菌の入ったヨーグルトなどにオリゴ糖を混ぜて食べると効率的にビフィズス菌を取り入れることが可能です。

起床後にはコップ一杯分の水分補給を

便秘の解消には腸を刺激してやるのが効果的です。朝起きた時に冷えた水を飲むようにすると、便秘解消の手助けになります。

また、便秘の原因には身体の水分不足もありますし、便の水分が失われて出にくくなっている可能性もあるので、水分を定期的に補給するようにするのは非常に大切です。

腹部に外的刺激を与えよう

便秘には実は腹部の外的刺激の要因となるマッサージが有効です。時計回りにゆっくりとマッサージをしてみましょう。適度な刺激を腸に送ることができ、自然な排便を誘発することができるのでとてもオススメです。

ストレスは定期的に発散しておこう

便秘の原因となるのはなにも肉体的な問題だけではありません。ストレスなどの心的負担も便秘を引き起こす立派な要因なのです。

精神的な問題ともなるとその対処も難しくなってきます。形に見えるものではないですし、ストレスを溜めてはいけないと思う気持ち自体もストレスになりかねません。なので、溜まったストレスをパーッと解消できる方法をいくつか身につけておくといいでしょう。もちろん、最初からストレスが溜まらないに越したことはありませんが。

以上の7つが便秘解消に役立つステップの全てです。これらのうち、すぐに実践できるものは今すぐ始めるようにしましょう。全ては出来なくても、できるだけ多くのステップを実践してみてください。

慢性化した便秘は治るまでに時間が掛かります。ですが、便秘を放置しておくことのリスクは元より、強い薬で強制的に排便させ身体に大きな負担を掛けるよりは遥かに健康的です。可能な限り早く対処するようにしましょう。

また、便秘薬に頼るのは最後の手段にしておきましょう。強い薬にはメリットとデメリットが必ず存在します。副作用のことも考えると、最初から薬に頼った治療は避けるべきです。

便秘解消のためには生活習慣の改善からまず始めましょう。その中でも一番に優先させたいのは、やはり食生活の見直しです。野菜やキノコ類、海藻などの食物繊維が豊富な食品を意識して取り入れましょう。また、ヨーグルト+オリゴ糖の組み合わせも便秘には最適なのでぜひ実践してください。こうやって、日々の生活の中で少しずつ積み重ねていけば、便秘は必ず治すことが出来るのです。

症状や便秘の重さごとの便秘の解消方法

軽度の便秘の場合(比較的症状が軽い、便秘になってから日が浅い) ⇒ 軽い症状のうちは自然解消が可能です。安易に薬に頼らず生活習慣の改善から始めていきましょう。

中度の便秘の場合(便秘が慢性化している状態) ⇒ 一番注意が必要な段階です。ここで対応を間違えば便秘が悪化してしまうので、きちんとした知識で対策を取りましょう。

重度の便秘の場合(排便が便秘薬頼り、下剤依存症) ⇒ 薬と生活習慣の改善を行い、時間は掛かりますが少しずつじっくりと治していきましょう。必ず医師と相談し治療計画を組むようにしてください。

ダイエット中の便秘の場合(ダイエットと便秘解消を両立したい) ⇒ 下剤などの薬は必要ありません。健康的にダイエットをすることで腸内環境も正常化し、便秘を同時に解消させるようにしましょう。

管理人がおすすめする優しい「便秘薬」 アインファーマシーズ「防風通聖散」
おすすめの乳酸菌&オリゴ糖 北の達人「カイテキオリゴ」 はぐくみプラス「はぐくみオリゴ」 やずや「乳酸菌とケフィアの力」
管理人がおすすめする優しい「便秘薬」 アインファーマシーズ「防風通聖散」
メディアで注目のサプリメント 腸内環境サプリ「天然美通」

症状に合わせた便秘の解消方法一覧

  • まだ軽めの便秘には
  • 慢性化した便秘には
  • 症状が重い便秘には
  • 赤ちゃんの便秘には
ページトップ