長引く場合は重大な病気が原因になっているかも

便秘の中には非常に緊急性の高い、可能な限り早く病院での診察を受けるべき種類のものがあります。

これは自分に限った話ではなく、幼児や乳児といったまだ身体の異常を上手く伝えられない子供は、保護者がその異常に気付いてあげなければいけません。少しでも異変を感じたらすぐにチェックしましょう。

小さな子供に潜んでいる『先天性巨大結腸症』とは?

生まれつき腸の神経の一部に異常がある場合、腸の運動機能が上手く働かず排便に必要な動きが出来ないケースがあります。『先天性巨大結腸症』とは、このような原因により排便が出来ずに腸内で便が溜まってしまう病気なのです。

また、便が出にくくなることで腸内には食べ物のカスが溜まりやすくなり、古くなった食べ物カスからは有毒ガスが発生します。ガスが腸内に蔓延するとお腹がパンパンに張ってしまうので危険な兆候です。

この病気を見分けるポイントは、まず新生児のの段階で初めて出す便に注目しましょう。便が出にくい場合はこの病気である可能性があります。

その他にも乳幼児期になった段階で、ミルクをよく吐く、便秘が続く、お腹が膨らむといった症状で見分けることが出来ます。新生児の時に分からなくて乳幼児期に判明するということもあるので、注意深く見ておきましょう。

特に乳幼児期に母乳を飲めなかったり、お腹がパンパンに張って苦しいというのは緊急事態です。非常に危険な状態なのですぐにかかりつけの病院で診察を受けてください。

『絞扼(こうやく)性イレウス』の放置は厳禁!

何かがきっかけとなって腸内に食物や消化液が溜まるとそれが腸を塞いでしまうことがあります。腸閉塞(イレウス)は場合によっては死に至る非常に危険な病気です。放って置くのは非常に危険なので、必ず処置するようにしましょう。

特に、腸閉塞の中でも『絞扼(こうやく)性イレウス』は最も危険なケースです。様々な腸閉塞の症状の中でも絞扼(こうやく)性のものは腸が外側から締め付けられる、またはねじれて発症する類のもので時として激痛を伴い非常に厄介です。

腸閉塞の主な症状は嘔吐、腹部膨満、腹痛などで、これらが重なると要警戒です。特に痛みを感じた場合は緊急性が跳ね上がるので、すぐにでも病院で診察を受けるようにしてください。

慢性便秘の影に隠れている大腸ガン

便秘が長く続いている……便秘がなかなか治らない……そんな誰もが経験し得る、人によっては何度もあるような症状の影に大病が隠れているケースがあります。なぜならば、慢性の便秘は大腸ガンの進行を疑うことができるのです。

しかも、ごく普通の便秘と甘く見て放置していると気付いた時には手遅れなほどガンが進行している、というのは実はかなり多いパターンです。排便は健康のバロメーターなので、常に気をつけておきましょう。

大腸ガンは完治が可能な部類の病気です。ですがそれは早期発見であった場合に限ったことで、大腸ガンの死亡率は年々増加傾向にあるのです。近年最も多い胃ガンにも迫る勢いで死亡率が跳ね上がっているので、充分に注意が必要です。

ただの便秘、そのうち治る、そういった考えはとても危険で、便秘にはその原因が常にセットであることを覚えておきましょう。特に慢性便秘の場合は病気が原因であることを疑ってください。

慢性的な便秘であり、下記のような症状に心当たりのある人は要注意です。

  • 血便が出たことがある(便の色が黒、または赤黒いと要注意)。
  • 便に粘液が付着している。
  • 便が非常に細くて固い(鉛筆の芯のような便が出たら危険)。

大腸ガンの場合、便に血が付着しているかどうかが見分けやすいポイントになります。痔の出血と混同しがちですが、便そのものに血が付着している場合は大腸ガンの疑いが強いです。

痔の場合は出血する場所は肛門なので、便そのものに血が着くわけでなないのです。

便秘はそもそも身体に何らかの異常があるために起こっている症状なのです。ただの便秘と思って放置せずに早め早めの対処を取って便秘を治すようにしておきましょう。そうすれば、影に隠れている大病も早期発見することができるのです。

おすすめの乳酸菌&オリゴ糖 北の達人「カイテキオリゴ」 はぐくみプラス「はぐくみオリゴ」
メディアで注目のサプリメント 腸内環境サプリ「天然美通」

症状に合わせた便秘の解消方法一覧

  • まだ軽めの便秘には
  • 慢性化した便秘には
  • 症状が重い便秘には
  • 赤ちゃんの便秘には
ページトップ