慢性便秘による肌荒れなどの悪影響について

慢性化した便秘はそれが原因となって起こる様々な症状があります。中には大病の元にもなりかねない重大なものもあるので、充分に注意し対策をして下さい。

肌荒れ

便秘=代謝不全です。老廃物が体内に溜まっていくのは健康的とは言えません。新陳代謝の機能にまで悪影響を与えるので、新しい皮膚を生み出すターンオーバーの周期が乱れてお肌がどんどん荒れていきます。

お腹がぽっこりと張る

便秘になるとお腹が張ってきますが、これは腸内に悪性のガスが溜まっているからです。

ガスの元になっているのはアンモニア、硫化水素、インドール、フェノールなどの有害物質で、身体にもよくありません。便秘になると腸内環境が悪化し、大腸菌、ウェルシュ菌などの悪玉菌が増殖してこのような有害物質を生み出すようになります。

大腸ガンになる危険性が増す

便秘になると腸内は悪玉菌優位な環境になるので、古くなった食べ物の残りカスが腸内にあると発ガン性物質を生み出すリスクが高まります。

中でも『ニトロサミン』という発ガン性物質は、ウェルシュ菌によって肉などに含まれるアミンから変化するので非常に危険です。

また、ウェルシュ菌は脂質を分解する時などに肝臓から分泌される胆汁に含まれる『胆汁酸』を『二次胆汁酸』へと変化させる働きも持っています。

二次胆汁酸は腸の粘膜にダメージを与えるので、そこから大腸ガンになっていくケースもあります。

自立神経・交感神経への悪影響

便秘になるとそのストレスも手伝って頭痛、肩こり、冷えなどの弊害が出てきます。

これは交感神経が過剰に働きすぎたことで起こる血流の悪化が原因です。また、腸内に有害ガスが溜まると自律神経にまで悪影響を及ぼすことがあります。

痔の危険性

便秘になると便は腸内に溜まるうちにどんどん水分を失っていきます。すると、排便時には非常に固い便を出す事になるので校門への負担がとても大きくなります。

便の水分が少ないということは出て行く時の抵抗がそれだけ大きく、腸内や皮膚を強く擦るので傷が付いてしまいます。時には出血することにもなり、『切れ痔』の原因となります。

また、水分の少ない便を出そうとすると強く力むことになります。この時、無理やりいきむことで肛門の周りはうっ血し『イボ痔』の原因となってしまうのです。

痔などの肛門周りの病気は排便の苦痛をさらに増長させます。その辛さを避けるために便意を我慢するようになるとドツボに嵌ってしまい、しまいには下剤を使って強制的に排便しなければいけなくなるまでに追い込まれます。

口臭の問題

腸内に溜まった有毒ガスは血中に溶けて体のいたるところに届くようになります。肺に届くと口臭が悪化してしまう恐れがあるので注意が必要です。

腹痛に襲われる

腸内にガスが溜まると他の臓器を圧迫するようになります。横行結腸などに溜まると時にはヒドい腹痛に襲われることになるので注意しましょう。

腸閉塞(糞便製イレウス)のリスクが増大する

便秘がさらに悪化すると、腸内の便はまるで石のようにガチガチに固まってしまいます。ここまで固くなると下剤や浣腸での排便は難しくなります。

もはや自力での排便が不可能となると、後は手術で岩石状の便を取り出すしかありません。これは最悪と言ってもいいケースですが、決してあり得ないことでは無いのです。

過敏性腸症候群へのリスク

『過敏性腸症候群』とは、便秘が原因で繁殖したウェルシュ菌(悪玉菌)によって増えた腐敗物質による毒素が腸内に溜まることによって起こる症状です。

過敏性腸症候群を引き起こすとガスの過剰発生などが起こり便秘が悪化する他、下痢と便秘を交互に繰り返すような症状が出るため非常に辛い思いをすることになります。

当サイトの別項目『過敏性腸症候群の原因と解消方法』で詳しく紹介していますので、参考にしてください。

便秘を解消するために大切なことは?

便秘は様々な病気を引き起こす原因となると同時に、様々な病気の弊害として起こる病気でもあります。軽度のものから重度のものまでその症状や原因は多岐に渡ります。たかが便秘と甘く見ずに早急な対処を心がけましょう。とくに慢性化した便秘には注意が必要です。

おすすめの乳酸菌&オリゴ糖 北の達人「カイテキオリゴ」 はぐくみプラス「はぐくみオリゴ」
メディアで注目のサプリメント 腸内環境サプリ「天然美通」

症状に合わせた便秘の解消方法一覧

  • まだ軽めの便秘には
  • 慢性化した便秘には
  • 症状が重い便秘には
  • 赤ちゃんの便秘には
ページトップ