薬を飲んでもあまり効果が出ない場合

便秘が長く続くと、病院に行って薬を出してもらう人も多いでしょう。ですが、中にはいくら薬を飲んでも症状がいっこうに改善しない人がいます。

では、なぜそのようなことが起きるのでしょうか?

効き目の弱い薬の場合、焼け石に水状態になることも……

便秘薬として処方されるメジャーな薬に『マグミット』(通称カマ・カマグ)があります。酸化マグネシウム系のであり、多くの薬局や病院で使われている便秘薬です。

この薬は固くなった便に水分を与えることで軟化させ、排便がしやすくなるようにする働きがあります。効き目が比較的穏やかなので身体への負担が少なく、飲んでも腹痛が起こるなどの副作用が少ないのが特性です。

ですが、便秘の症状の個人差によっては、このマグミットが効かない人もいます。

特に慢性化した便秘の人などは、腸内で固くなった便がマグミットで軟らかくできる限界を超えているケースもあるので、そういった人がマグミットを飲んでも結局排便されないという結果になるのです。

別の薬と飲み合わせが悪いと効果が薄くなる

ある種の便秘薬は特定の薬と一緒に飲むことで効果を打ち消してしまうものがあります。

具体例を挙げますと、ある系統の抗生物質、抗菌薬、強心剤、骨粗鬆症の薬などと同時に飲むと、便秘薬は効果がとても薄くなってしまうことがあります。

服用の時間をずらすなどの対処で解決できる問題ではありますが、薬のことなので先ずは医師や薬剤師に相談することを忘れてはいけません。必ず充分な説明を受け、そういった飲み方をしても大丈夫だと確認を取ったうえで安全に服用するようにしましょう。

医師への相談は必須

病院で処方された薬の効果が薄いと感じたら、1人悩んだり自分で解決しようとする前にかかりつけの医師に相談しましょう。

便秘薬は多くの種類があり、それぞれ様々なアプローチで便秘を治すように出来ています。その中から患者の体質や妊婦か否かなどの診察の結果に合わせて、その患者に最も適した薬を処方するようになっています。

それで薬の効果が無かったというのなら、そこでキチンと医師に相談すれば薬の内容を変更してもらえるはずです。その結果はデータとして残るので、今後の処方の役にも立つはずです。薬の効き目が悪いと感じたら、自分1人で解決するのではなく、必ず医師に相談しておきましょう。

おすすめの乳酸菌&オリゴ糖 北の達人「カイテキオリゴ」 はぐくみプラス「はぐくみオリゴ」
メディアで注目のサプリメント 腸内環境サプリ「天然美通」

症状に合わせた便秘の解消方法一覧

  • まだ軽めの便秘には
  • 慢性化した便秘には
  • 症状が重い便秘には
  • 赤ちゃんの便秘には
ページトップ