医者からもらった薬を飲んでも完治しない場合は?

便秘の原因と言うのは、例えば食生活の偏りであったり生活習慣の乱れ、環境の変化、ストレスなど患者の生活に根付いたところにあるものが多いです。一方で、便秘薬(下剤)というのは外的な力で便秘の辛い症状を緩和させる働きをするもので、言ってしまえばその場をしのぐだけの役割しかないのです。

とはいっても、便秘は悪化すると激しい腹痛や吐き気などを伴う辛い症状が出てきます。便秘薬はこういった症状を一時的にでも中和し、便秘解消の糸口にすることができる有用な役割も持っているのです。

病院で処方される薬などは、患者からすれば飲めば便秘も治ると思ってしまいがちですが、実際は来院した患者さんの症状を診てその症状を緩和する対処療法による処方がほとんどです。

もちろん、医師が診断した上で必要な薬を出しているわけですから、便秘解消のサポートにはなりますし、なにより安全です。市販薬を自己判断で使うなどよりは、副作用の心配も少ないでしょう。

ですが、便秘を根本から治療しようと思うのなら、薬だけに頼った治療では難しいです。

せっかく病院で診察を受けるのですから、便秘の症状をしっかりと説明し、原因を特定できるよう医師に相談に乗ってもらいましょう。

原因が分かれば効果的な治療が実践できるようになるので、医師にサポートしてもらい治療プランをしっかりとたてておきましょう。

おすすめの乳酸菌&オリゴ糖 北の達人「カイテキオリゴ」 はぐくみプラス「はぐくみオリゴ」
メディアで注目のサプリメント 腸内環境サプリ「天然美通」

症状に合わせた便秘の解消方法一覧

  • まだ軽めの便秘には
  • 慢性化した便秘には
  • 症状が重い便秘には
  • 赤ちゃんの便秘には
ページトップ