便秘の人はトイレに入るリズムを作ろう

便秘対策で有効な手段の一つに、生活リズムの中にトイレに行く時間(排便する時間)を組み込んでしまう方法があります。1日の生活の中で排便のための時間を取ることで、身体がその時間に合わせて排便のリズムを取るようになるという仕組みです。

これを実践するには、ある程度自分の自由な時間帯であり、トイレが身近にある環境を選ばなくてはいけません。その条件を満たせる時間帯が、朝です。

また、朝は腸のぜん動運動が最も活発になる時間帯でもあるので、排便のリズムを作るのに最適です。決まった時間に起きる、水分を補給する、朝食を食べるといったルーチンワークがあるので、時間の管理がしやすいというのも大きな利点です。

また、朝に排便を済ませてしまえばこれから外出する時でも「便意が来るかどうか」の心配をする必要がなくなります。便意を我慢することは便秘の原因にもなるので、朝出してしまえば便秘の予防にもなります。

朝の時間帯に用事を増やすことを敬遠する人もいますが、その人たちの多くが「朝は忙しくて時間が無い」と多少の便意なら我慢してしまいます。これは便秘になるお手本のようなパターンです。

今までの生活の中からたった5〜10分、朝の時間帯にトイレに行く習慣を身に付けることで非常に有効な便秘対策になります。健康にも非常に良いことなので、ぜひ試してみてください。

おすすめの乳酸菌&オリゴ糖 北の達人「カイテキオリゴ」 はぐくみプラス「はぐくみオリゴ」
メディアで注目のサプリメント 腸内環境サプリ「天然美通」

症状に合わせた便秘の解消方法一覧

  • まだ軽めの便秘には
  • 慢性化した便秘には
  • 症状が重い便秘には
  • 赤ちゃんの便秘には
ページトップ