旅行に行くと便秘になるのはどうして?

旅行中、特に海外など思い切って遠くに来た場合に便秘になった経験のある人は少なくないでしょう。環境の変化や旅のストレスは便秘の原因になり得ます。また、時差の関係で排便のリズムが狂ってしまうなど、これまで健康でも便秘になってしまうことはあるのです。

海外旅行ともなると日本とはトイレの事情も勝手もかなり変わってきます。行きたいと思ってもすぐに行けないような状況も、経験することになるでしょう。観光や移動時間などで便意を感じても我慢してしまうことも多くなります。

また、団体行動の旅行だと他の人に迷惑を掛けないように個人の意思を後回しにしがちなのが日本人です。周囲に気を配るストレスや、決められた時間で行動しなければいけないので排便のリズムがガタガタになってしまう原因は様々です。

便秘に我慢は大敵です。特に、便意は何回が我慢するとあまり感じなくなってしまうことがあるので、注意が必要です。排便のリズムが狂うとそこから便秘になるまではそう長くないので、旅行先でもしっかりとトイレに行けるメンタルは大切です。

旅先での便秘予防

先ず大事なのは便意を我慢しないことです。出したいと身体が命令している時が一番スムーズに排便できるのは間違いないので、便意を感じたらすぐにトイレに行きましょう。ですが、状況によってはそれが難しい場合があります。そういう時は、自主的に決まった時間にトイレで排便する習慣を旅先でも身に着けましょう。

最低でも1日1回、決まった時間にトイレで排便するという姿勢を失わないことが大切です。最初は排便もスムーズには行えないかもしれませんが、便意を感じないからトイレに行かないのではなく「排便の習慣をなくなさい」というのが大きなポイントです。

旅行中でも朝や夜などは比較的自由になる時間が多いですから、そういう時間を利用して排便を済ませましょう。排便の習慣を途切れさせると旅行が終わった後でも便秘が続くことがあるので、注意がひつようです。

また、長期間の旅行ともなると、一度便秘になってしまうと中々治らなくなる場合もあります。症状が悪化してしまうと旅行も楽しめなくなるので、整腸作用のあるサプリメントなどでサポートしてあげるのも悪くありません。

それでも便秘の症状が辛いと感じるようなら、状況に応じて便秘薬を使うという選択肢も間違いではありません。もちろん薬には頼らないに越したことはないのですが、旅行先では食生活の改善以前に食べ物や調理法が選べる環境ではありません。便秘のこれ以上の悪化を防ぐためにも、一度強制的に排便するのもアリです。

薬は正しく使えば頼もしい味方になるので、用法用量を守って適切に使うのが大事です。効果が優しく、できれば一度試して問題の無かった薬が望ましいです。

薬は症状の重さによって必要な量が変わります。始めて使う薬ではその辺の調節が上手くできないかもしれず、また身体に合わないと腹痛や下痢を引き起こしてしまう可能性もあります。

薬は新しい薬がよく効くのではなく、実感として効果を実証できているものが一番良く効くのです。普段から使っている薬があるのなら、旅行先には常備薬として持参しましょう。

便秘が辛いと旅行が楽しめず、旅先の思い出が全部便秘に塗り替えられてしまいます。そうなってしまうと台無しなので、特に便秘気味だったり旅先で体調を崩しやすい人は便秘の対策や予防をしっかりと確認しておきましょう。

大事なのは、決まった時間にトイレで排便する習慣を保つことです。トイレに行く時間が惜しいほど楽しめればそれはそれで良いのかもしれませんが、旅先では節度を守った余裕のある行動を心がけるとよいでしょう。

おすすめの乳酸菌&オリゴ糖 北の達人「カイテキオリゴ」 はぐくみプラス「はぐくみオリゴ」
メディアで注目のサプリメント 腸内環境サプリ「天然美通」

症状に合わせた便秘の解消方法一覧

  • まだ軽めの便秘には
  • 慢性化した便秘には
  • 症状が重い便秘には
  • 赤ちゃんの便秘には
ページトップ