強いストレスは便秘の原因になるので注意しよう

便秘は肉体的な病気であり、ストレスとは一見繋がりのない病気のようにも思えます。ですが、胃腸は色々な神経が集中する非常にデリケートな器官であり、ストレスなどの精神面での負荷にも変調をきたしてしまう恐れがあります。

そもそも、腸のぜん動運動を司っているのは自律神経の交感神経と副交感神経です。自律神経は身体を正常に機能させるための重要な役割を持っているのですが、ストレスが原因となって自律神経は狂ってしまう危険性があるのです。

自律神経が狂ってしまうと腸のぜん動運動は正常に行われなくなってしまいます。ぜん動運動が停滞すると便や食物を下に送り出す働きが出来なくなってしまい、便秘になってしまいます。

逆にぜん動運動が活発になり過ぎると、腸で吸収するはずの水分も吸収させるヒマもなくそのまま一気に直腸まで押し出してしまい、下痢になってしまいます。

便秘と下痢は真逆の症状のように思えて、実はぜん動運動のの異常が原因の同じ種類の病気なのです。

中には便秘と下痢を交互に繰り返すタイプの便秘もあり、その便秘の原因こそがストレスである可能性があるのです。

男性が掛かるストレス性の便秘

便秘は一般的に女性の方が多いとされていますが、ストレス性の便秘に関しては男性の方が数が多いようです。

男性は女性と比べて社会的なプレッシャーや仕事でのストレスを感じる機会が多く、現代社会で男性はストレス性の便秘になりやすい環境に置かれています。また、仕事などでストレスが溜まると食生活や生活習慣にも乱れが生じることが多く、そうなると肉体的にも便秘になりやすい身体になってしまいます。

また、男性は実は女性よりもストレスへの耐性が低いので、ストレス性の便秘とは悪い意味で相性が良いのです。

ストレス性の便秘は腸のぜん動運動の異常から来るものが多いので、便秘と下痢を繰り返す症状が出ます。ひどくなると痙攣性便秘になって腸が引きつったような痙攣状態にまでなる危険性があります。また、便秘薬などで腸を刺激するのもかえって逆効果になるので、安易に薬に頼るのは危険です。

これを治療するには一番はストレスの原因を取り除くことですが、それが難しいと治療には時間が掛かります。生活習慣を改善しなるべく肉体的な負荷を和らげ、ストレスを発散する方法を身に付けてストレスを溜め込まないようにしていきましょう。

特に男性の場合は食生活の改善がハードルが高い場合があるので、当サイトの別項目を参照にして【ヨーグルト+オリゴ糖】などの腸内環境を正常化する作用のある食品を意識して摂取するようにしていきましょう。

おすすめの乳酸菌&オリゴ糖 北の達人「カイテキオリゴ」 はぐくみプラス「はぐくみオリゴ」
メディアで注目のサプリメント 腸内環境サプリ「天然美通」

症状に合わせた便秘の解消方法一覧

  • まだ軽めの便秘には
  • 慢性化した便秘には
  • 症状が重い便秘には
  • 赤ちゃんの便秘には
ページトップ