そもそも「便秘」の定義って何?

一般的に、以下の条件にあてはまると便秘の可能性があるとされています。

  • 3日以上便が出ていない
  • 排便がスムーズに出来ない
  • 便を出した後もスッキリしない、残便感がある

この中で一つでも思い当たる物があれば、現在進行形で便秘になっている可能性が高いです。

特に、毎日便通が来ていれば便秘ではないと思われがちですが、便が硬い、排便が困難(スムーズに出来ない)、残便感がある、などの症状があれば便秘の疑いがあるのです。

また、排便のペースが1日おきや3日に1回程度のペースだったとしても、定期的に便を排出できており、上に挙げた様な症状が一つも無い快適な便通だった場合は便秘とは言えません。

便通のペースには個人差で変わるところも大きいですから、排便間隔だけでなく便の状態や排便時の状況など総合的な症状を加味したうえで便秘かどうかは判断されます。

便秘とされる排便・腹部の状態

排便の間隔は毎日出す人もいれば不定期な人もいます。ですが、毎日便通がないことを気にし過ぎてはそのストレスで本当に便秘になってしまいかねません。

便秘かそうでないかは便の状態を見ればある程度の判断基準になるので、便の状態から自分の健康状態を確認しておきましょう。

便秘気味の人の便の状態
  • 細い便が出る
  • 便が硬く排出が困難
  • 便やおならの臭気が強烈
  • お腹に強い張りを感じる(膨満感)
  • 腹痛を感じることが多い

便の状態、排便時の状況が上記にあてはまる場合は便秘の可能性が高いです。また、便秘は慢性化すると治療に時間が掛かるので、軽度のうちにしっかり治しておくと良いでしょう。

便の状態にはその時の自分の体調をそのまま反映されています。便を確認する習慣をつけておけば、そこから便秘やそれ以外の病気の兆候を見つけることもできます。

便秘は排便の間隔だけで決まるものではありません。むしろ、目安にするべきは便の状態なので、排便時の不快感や腹部の違和感を感じた場合は便秘を疑いましょう。早期の治療は便秘には一番です。

おすすめの乳酸菌&オリゴ糖 北の達人「カイテキオリゴ」 はぐくみプラス「はぐくみオリゴ」
メディアで注目のサプリメント 腸内環境サプリ「天然美通」

症状に合わせた便秘の解消方法一覧

  • まだ軽めの便秘には
  • 慢性化した便秘には
  • 症状が重い便秘には
  • 赤ちゃんの便秘には
ページトップ