直腸性便秘の症状と原因

便が大腸ではなく直腸付近に溜まったまま出てこなくなると、直腸性便秘の状態になります。

直腸で起こる便秘は、大腸で起こる通常の便秘の延長というわけではありません。イメージ的に便秘が起こるの場所は大腸なのですが、なんらかの理由で直腸まで降りてきた便が詰まってしまうことで直腸性便秘になってしまうのです。

これは大腸ではなく直腸に異常があるために起こる症状です。また、直腸の腸管は大腸よりも太いので溜まる便も太くなってしまうのも問題です。太い便が腸内で水分を失って固くなると、排出するのが非常に困難になってしまうのです。

カチカチの便はただでさえ腸の壁を傷つけたりスムーズに出すのが難しいのですが、さらに便自体が太くなってしまうと肛門にも大きな負担が掛かります。場合によっては肛門が切れて出血する可能性まであります。

排便がスムーズに行えない辛さももちろんですが、便が直腸に詰まった状態というのは非常に苦しいです。激しい腹痛が何度も襲ってきたりするので、辛い思いをすることになるでしょう。

また、直腸便秘は慢性化しやすいタイプの便秘です。長期間腸内に溜まった便は腐敗して有害なガスや発ガン性物質を発生させるので、大腸ガンを発症する危険性があります。また、痔や体臭の悪化などの生活に支障がでる症状も二次発生してしまうのです。

直腸性便秘ななぜなるのか?

直腸性便秘は、直腸まで降りてきた便が排出されずに我慢を続けると発症してしまいます。仕事の都合や外出先などで便意を催しても、我慢するしかない状況になることが多いです。そうすると、身体が直腸に便がある状態に慣れてしまうのです。

次第に直腸は便が溜まってもその便意を脳に伝える神経が鈍っていき、直腸の感覚の鈍化が直腸性便秘の引き金となってしまうのです。

腸に溜まった便は水分を吸収されてカチカチに固くなります。固まった便の排出は非常に困難です。

また、直腸の感覚が鈍くなるのは何も便意を我慢しすぎるばかりではありません。下剤や浣腸を多様していると、薬の副作用で直腸の神経が鈍ってしまうことがあるのです。

  • 便意を感じても我慢してしまうことが多い」
  • 排便を下剤に頼っている」

以上の2つのポイントに心あたりがある場合は、直腸性便秘になるリスクが高いです。

直腸性便秘になる隠れた要因

直腸性便秘の原因が直腸神経の鈍化だというのは前述しましたが、それ以外にももう一つ、直腸性便秘を発症する可能性として挙げられるものがあります。『骨盤底筋』の悪化です。

骨盤底筋は、排便をスムーズに行うためになくてはならない機能を持っています。骨盤底筋が排便時に直腸と肛門をまっすぐ繋げる役割を持ち、その作用で便をスムーズに送り出すことが可能になっているのです。

この骨盤底筋に異常が生じると、便が通るための道が出来なくなってしまい、便の排出が非常に困難な状態になってしまいます。

しかも、便秘を治すためと食物繊維や水分をいくら補給しても、通る道がなくては便は腸内に溜まる一方になってしまいます。結果として便秘を逆に悪化してしまいかねないので、便秘の治療は効果的に行うためにも原因を特定してから行うと良いでしょう。

直腸便秘を治すには

直腸便秘の治療法は画一的なものではありません。原因によって対処方法が変わってくるので、まずはその特定が必要なのです。

直腸の感覚が鈍化したために起こる直腸性便秘ならば、生活習慣を改善することで治療の効果を期待できます。トイレに行く時間を生活リズムの中に組み込んで習慣化することで、便意を促すことができるからです。

また、便秘になってしまってからは、便が固いままだと便意が感じにくくなります。食生活も見直して、水分補給と食物繊維を多く含む食品を摂るようにしましょう。まず便秘を治せば便意も正常に感じるように感覚が戻ってきます。

骨盤底筋の働きが悪化したために起こる直腸性便秘は、治療方法も複雑になります。まずは、骨盤底筋が正常な機能を取り戻せるよう自主訓練から始めます。

排便時の姿勢や力み方を正していくことで、骨盤底筋はだんだんと機能を回復させられます。もちろん、便意を感じたら我慢せずにトイレ行くようにするのも重要です。

骨盤底筋を矯正する手順は以下の通りです。

  1. 排便時には前傾姿勢になる
  2. 踵を少し上げる
  3. 力む時にわき腹と背中の筋肉を意識する(全身でふんばるのはNG)

トイレに行った時にこの手順を繰り返すようにすることで、骨盤底筋を回復させることができます。ですが、個人で出来る範囲はここぐらいまでなので、なかなか改善する兆しが見えないようならば肛門科などの専門のクリニックを受診することをオススメします。

直腸性便秘は大腸の便秘とは根本的に違います。大腸をキレイにしても直腸で詰まっていては便秘は良くならないので、便秘で悩んでいる時はまず患部と原因を特定しておきましょう。

もちろん、個人で対処できる範囲には限界がありますので、便秘対策をしてもなかなか効果が表れないときには医者を頼るようにしましょう。隠れた原因を見つけることができるかもしれません。

おすすめの乳酸菌&オリゴ糖 北の達人「カイテキオリゴ」 はぐくみプラス「はぐくみオリゴ」
メディアで注目のサプリメント 腸内環境サプリ「天然美通」

症状に合わせた便秘の解消方法一覧

  • まだ軽めの便秘には
  • 慢性化した便秘には
  • 症状が重い便秘には
  • 赤ちゃんの便秘には
ページトップ