過敏性腸症候群の症状と原因

『過敏性腸症候群』には大きく分けて下痢型、便秘型、交代型(下痢と便秘が交互にくる)、ガス型(ガスが腹部に充満する)の4種類に区別することができます。それぞれに特徴的な症状が表れますが、共通している症状は腹痛と便通異常です。

過敏性腸症候群には、腸内にポリープや炎症が起きるといった症状が出ません。目に見える原因が無いにも関わらず激しい腹痛や便の異常が表れるため非常に厄介です。

見分けるポイントとしては、お腹が張る、下痢と便秘を繰り返す、精神的なストレスが溜まっている、腹痛と下痢が同時に起こる、などが挙げられます。

といっても、非常に曖昧な部分も多いので、以下のような症状に当てはまる場合は過敏性腸症候群を疑いましょう。

  • お腹がぽっこりと張っている(慢性化している)
  • 下腹部に痛みがはしることがある
  • 下痢と便秘が交互に起こる
  • 腹部にガスが溜まることがよくある
  • 排便時に腹痛を伴う(便を出したあとは腹痛が無くなる)

過敏性腸症候群にはなぜなる?

過敏性腸症候群は原因がハッキリとしないものが多いです。自立神経の異常や精神的なストレスなどで発症するケースが多く、まるで腸に関係のないような所から原因が見つかることがあるのです。

自立神経の異常に関係があるのは、生活習慣の乱れです。不規則な生活によってホルモンの分泌がうまく機能しなくなったり、また強いストレスを感じることで精神的負荷が重くなり、自律神経を狂わせてしまいます。

そして、自律神経の乱れは腸のぜん動運動に悪影響を及ぼす可能性があります。ぜん動運動を促進させる命令を出すのは自立神経ですから、自律神経へのダメージは腸へのダメージにも繋がる恐れがあるのです。

そうして下痢や便秘の症状が出てしまうと、自分で便意をコントロールするのが難しくなります。トイレに行けない状況で便意が来ると我慢してしまうので、そこから強い精神的ストレスを感じてしまい、悪循環となって自律神経の異常や過敏性腸症候群が悪化してしまうのです。

その他の原因として考えられるのが、暴飲暴食による腸への過剰な刺激です。

過敏性腸症候群はアルコールやカフェインを含む食品、タバコのニコチン成分が原因となるケースもあるのです。これらを日常的に過剰摂取することを続けていると、過敏性腸症候群を発症してしまうようです。

過敏性腸症候群を治すには

過敏性腸症候群は画一的な治療方法がありません。原因となる事柄が多すぎるため、それを特定して取り除かなければ改善しないのです。完全に治すには長い時間が必要となることもあり、病気としては非常に厄介なタイプです。

分かりやすいところでは暴飲暴食が原因である場合です。アルコールやコーヒー、タバコを控え、腸への刺激を過剰に与えるような生活から抜け出しましょう。

状況によっては薬を使うことを検討しなくてはいけません。特に下痢や便秘にすでに悩まされている場合は、便意を自分でコントロールできないので強いストレスの原因になってしまいます。便秘や下痢を抑えるために症状にあわせた薬を使うのも有効となります。

もちろん、この場合は市販薬などを独断で使うのは避けてください。きちんと病院で診断を受けて、治療計画に問題の無い薬を処方してもらうようにしましょう。

そして問題なのが、ストレスを原因として発症した場合です。ストレスの原因を取り除くのは容易ではないので、長いスパンでの治療も覚悟しなければいけません。

ましてや、ストレスの原因が分かればそれを和らげたり取り除いたりと対策も考えれますが、ストレスの原因が特定できない場合は更に深刻です。専門家に相談したり心理療法を利用するなど、治療に根気が必要になってきます。

対策としては、まず普段からストレスを溜めすぎないことが大切です。また、ストレスを発散する方法を自分なりに持っておくことも重要でしょう。あまりにも精神的ストレスが溜まってくるとホルモンバランスが崩れて自律神経に異常が生じてしまう危険性があります。

もちろん自律神経の働きには個人差があります。耐性の強い人もいれば弱い人もいるので、自分がどういった状態なのか把握しておくことはとても大事です。

耐性が弱い場合でも自主訓練で耐性を強めることは可能なので、安心してください。少々のストレスに負けないよう、対策をしっかりと組んでおきましょう。

ストレスが原因の場合は治療に時間が掛かります。上で挙げたような方法は確かに有効ですが、試してすぐに良くなるようなものではないのです。

過敏性腸症候群は特に精神的な部分での問題を解決しないと治りにくい病気です。一人で悩んでストレスを溜め込んでいては中々解消できません。まずは家族や身近な人に相談しましょう。便秘の悩みを打ち明けるのはそれはそれでストレスを感じるかもしれませんが、周囲からの理解とサポートを得られることはその後の治療に絶対的なプラスになります。

また、病院を頼ることも大切です。便秘は病気の症状ですし、過敏性腸症候群は深刻な病気です。一緒に治療プランを考えてくれる医者は必要な存在です。決して一人で悩んでいてはいけません。

過敏性腸症候群は近年増加傾向にある病気です。

その症状は非常に厄介であり、治療も長期間にわたる場合が多いので、早期改善がなにより大事です。症状を放置しておくと内臓に取り返しのつかないダメージを与えることにもなりかねません。疑わしい症状があれば、早め病院で診察を受けてみましょう。

おすすめの乳酸菌&オリゴ糖 北の達人「カイテキオリゴ」 はぐくみプラス「はぐくみオリゴ」
メディアで注目のサプリメント 腸内環境サプリ「天然美通」

症状に合わせた便秘の解消方法一覧

  • まだ軽めの便秘には
  • 慢性化した便秘には
  • 症状が重い便秘には
  • 赤ちゃんの便秘には
ページトップ