症候性便秘の症状と原因

様々な病気が原因となって、便秘の症状が出る状態を『症候性便秘』と言います。症候性便秘は大きく分けて「急性タイプ」と「慢性タイプ」の二種類があり、原因や緊急性まで全て異なります。

その中でも急性の症候性便秘の代表格を説明しておきます。

腸捻転が原因の症候性便秘

腸捻転は腸の一部が捩れて塞がれた状態になる病気です。捩れた部分から先には食べ物が通過できなくなってしまうので、便秘の症状が表れます。ですが、それ以前に腸捻転になると激痛や嘔吐などの症状に襲われる事になり、緊急の手術が必要になります。

手術の手順としては捩れた部分の腸を元に戻すだけなのですが、腸捻転は処置が遅れると捩れた部分から細胞の壊死が始まってしまいます。血流の止まった部分を切除しなければいけないケースもありますので、迅速な対応が必要とされます。

腸閉塞が原因の症候性便秘

腸閉塞は何らかの理由で腸管が塞がってしまう状態になる病気です。食べ物が通る通路が無くなってしまうため、便を下に送り出すことも出来なくなってしまいます。また、腹痛や嘔吐なども伴い非常に辛い症状が表れます。

特に、過去に開腹手術を経験している人は、腸に癒着が起こって腸閉塞になるケースがあるため注意が必要です。急性の腸閉塞を発症すると入院して治療に当たらないといけないため、非常に厄介です。

入院すると点滴を併用した食事制限が厳しく設けられ、腸を塞いでいる原因となるものを取り除いていきます。場合によっては鼻から管を通して胃や腸の中身を吸いだす処置を行う可能性もあるので、治療には相当覚悟が必要です。

急性の症候性便秘の場合、まず両者とも自然治癒で治る見込みが0%です。自覚症状が出た時点で可能な限り早く医療機関でので診察を受けましょう。悪化してしまうと、最悪命にも関わります。

慢性タイプの症候性便秘とは

急性の症候性便秘に対して病気の進行に合わせて症状が段階を踏んで表れるものを「慢性の症候性便秘」と言います。

大腸ポリープ、大腸ガン、大腸憩室、肝臓ガン、すい臓ガン、子宮筋腫などの病気に罹患していると、病気の症状として便秘が表れるようになるのです。以下は各病気ごとの便秘の原因です。

大腸ポリープ、大腸ガン

腸管内に出来物(ポリープや腫瘍)ができて、悪化すると大きくなって腸管を塞いでしまう。

大腸憩室

粘膜がくぼんで出来たスペース(憩室)に便や食べカスが入って炎症を起こすと、超粘膜が腫れ上がって腸を塞ぐ。

肝臓ガン、すい臓ガン

大腸に隣接する臓器にガンや腫瘍ができた場合、その出来物に圧迫された大腸の形が変形してしまい便がスムーズに通らなくなる。

共通していることは、全てなんらかの理由で腸管が狭くなる、または塞がれてしまうことで食べ物や便が通れなくなってしまうため便秘になるということです。見分けるには、腹部の違和感や不快感、痛みを感じる時は要注意です。また、腸管が狭くなった影響で排出される便が細くなるのも特徴です。

慢性化の症候性便秘はそのまま気付かずに悪化させてしまうと、やがて腸閉塞を引き起こしてしまい入院が必要な事態になってしまいます。便秘の症状、便の異常、腹部の痛みや違和感などを感じることがあった場合は、一度専門の医療機関を受診することをオススメします。

症候性便秘は病気が原因となって起こる便秘なので、生活習慣の改善などでは治りません。自然治癒もまず見込めないので、自分一人で治療するのはほぼ不可能です。

もし症候性便秘の症状に思い当たるところがあった場合は、可能な限り早く病院で診察を受けるようにしてください。早期発見であればあるほど、回復の見込みは大きくなります。急性でも慢性でも症候性便秘は悪化させると命に関わる危険にまで発展してしまうので、自己判断には頼らず症状を自覚した段階で迅速に対処しましょう。

おすすめの乳酸菌&オリゴ糖 北の達人「カイテキオリゴ」 はぐくみプラス「はぐくみオリゴ」
メディアで注目のサプリメント 腸内環境サプリ「天然美通」

症状に合わせた便秘の解消方法一覧

  • まだ軽めの便秘には
  • 慢性化した便秘には
  • 症状が重い便秘には
  • 赤ちゃんの便秘には
ページトップ