手術後の癒着が便秘の原因になるケースも

過去に開腹手術の経験がある場合、それが原因となって便秘を引き起こしてしまう可能性があります。

これはある意味で避けようの無いことなのですが、一度お腹を切ってしまうと腸の内壁部分で癒着が起きやすくなってしまうのです。

そもそも手術自体が必要に迫られてやっているわけですから、このリスクも受け入れるべきなのですが、癒着が起こるとそこから便秘になってしまうのです。

腸の癒着による便秘には特徴があり、通常の便秘以上の激しい苦痛を伴う便秘になってしまいます。

さらに、癒着が原因である場合、一般的な便秘の対策や便秘薬を使っても効果はありません。辛い便秘の症状が中々治らず、なおかつ過去に開腹手術の経験がある場合は腸の癒着が起こっている疑いがあるので、病院で診察を受けてみることをオススメします。

癒着が原因の便秘の特徴

腸の内壁同士で癒着が起こると、腸管が完全に塞がり腸閉塞を起こします。通路が塞がってしまっては食物も便も下に送り出すことができないので、結果として『便秘』の症状となるわけです。

ですが、その症状の重さは通常の便秘の比ではありません。激しい腹痛、便の逆流による嘔吐、苦しいほどのお腹の張りなど、最悪の場合失神の危険性すらあります。

さらに、癒着が原因の便秘に下剤の使用は完全に逆効果です。腸が刺激されて便を出そうとするのに、通路が塞がれているので行き場のない便が腸内で膨れ上がって非常に危険です。

もしひどい症状の便秘が長く続いており、さらに開腹手術の経験者である場合は、薬を使う前にまず病院で診察を受けることをオススメします。独断で下手に薬を飲むと、状況を悪化させてしまう恐れもあります。

開腹手術の経験がある以上、腸の癒着が起こる可能性は上がっています。癒着による便秘は下手をすれば命にも関わりますから、便秘の予防は日頃から心がけておくようにしましょう。

癒着による便秘が起こると治療も入院を含む大掛かりなものになってしまいます。腸閉塞の状態なので食事も満足にできないため、もっぱら点滴による治療で長期間辛い思いをすることになるため注意が必要です。

おすすめの乳酸菌&オリゴ糖 北の達人「カイテキオリゴ」 はぐくみプラス「はぐくみオリゴ」
メディアで注目のサプリメント 腸内環境サプリ「天然美通」

症状に合わせた便秘の解消方法一覧

  • まだ軽めの便秘には
  • 慢性化した便秘には
  • 症状が重い便秘には
  • 赤ちゃんの便秘には
ページトップ