糖尿病治療中の便秘対策について

糖尿病を患うと、その治療には長い時間と根気が必要な辛いものになります。糖尿病の食事制限は厳しく、食事の量は今までの半分程度になってしまうのも珍しくありません。

糖尿病はインスリンの摂取の他には日々の食生活で健康な状態を保つ必要があるので、毎日の食事が気を抜けないものになるのも仕方が無いのです。

ですが、当サイトの別項で紹介したように「食事の量が減ると便秘になる」ことがあります。便になる食事の量がそもそも少ないので、便意に対して鈍くなってしまうのです。

かといって、糖尿病の治療を行っているのですから、独断で便秘対策をして弊害が出てはいけません。便秘が続いたり腹部に違和感を感じるようなら、医師に相談して対策を取るようにしなくてはいけません。

食物繊維とオリゴ糖で便秘解消

糖尿病の治療には厳しい食事制限が決められているので、便秘対策で食生活を見直すにしても摂取する糖質やカロリーを増やすわけにはいきません。

食材だけでカロリーカットするのも限界がありますので、低カロリー食は少量というのがセオリーであり、少量の食事では便の量が足りないので便秘になってしまいます。

その問題を解決するためにも、食事の中に食物繊維を多く含む食品を取り入れるようにしましょう。食物繊維は水分を含むと膨らむ性質があるので、便の量を増量することができるのです。

また、食物繊維を含む食品は根野菜や海藻類などヘルシーで低カロリーな物が多いのも特徴です。腸の食べカスなども吸着して便と一緒に排便しれくれるので、腸内環境をキレイにするにはもってこいの成分です。

食物繊維には野菜類に多く含まれているので、加熱して食べると体積が減って量が食べやすくなるので便利です。サラダなどの生で食べるよりも、温かいと代謝が上がるなども利点もあり温野菜の方がオススメです。

次に便秘対策として非常にオススメなのがオリゴ糖です。オリゴ糖は名前のとおり糖質の一種なので、糖尿病治療中の人には糖質の過剰摂取になるのではと心配されるかもしれません。ですが、オリゴ糖は『難消化性』という特長を持っていて、糖質が消化吸収される前に排出されてしまうので砂糖よりも低カロリーな健康食品なのです。

※難消化性のオリゴ糖は、なるべく純度の高い天然オリゴ糖でなければ効果はありません。ラフィノースと呼ばれる天然オリゴ糖なら間違いないので、ぜひ覚えておいてください。

低カロリーな糖質であれば、糖尿病の人でも安心して使うことができます。オリゴ糖は便秘対策の他に健康にも役立つ非常に優秀な食品なのです。

肝心の便秘対策の効果も、オリゴ糖は難消化性の特性で生きたまま腸に届き、そこでビフィズス菌のエサになります。善玉菌であるビフィズス菌が腸内で増殖すると腸内環境が正常に機能するようになるので、便秘解消に非常に高い効果を期待できます。

食物繊維もオリゴ糖も便秘解消の効果としてはすでに広く知られています。糖尿病の治療と同時に摂取することも難しくないので、安心して使えるのも大きな魅力の一つでしょう。もし糖尿病治療中で便秘に悩んでいるのなら、まずは医師に相談して食生活の見直しを計画していきましょう。

おすすめの乳酸菌&オリゴ糖 北の達人「カイテキオリゴ」 はぐくみプラス「はぐくみオリゴ」
メディアで注目のサプリメント 腸内環境サプリ「天然美通」

症状に合わせた便秘の解消方法一覧

  • まだ軽めの便秘には
  • 慢性化した便秘には
  • 症状が重い便秘には
  • 赤ちゃんの便秘には
ページトップ