コーヒーの飲み過ぎはダメ

コーヒーなどに多く含まれているカフェインは、胃や腸に刺激を与える成分です。

その刺激が適度なものであれば、腸はぜん動運動が促進され排便しようとする働きをします。結果的に、カフェインで便が出やすくなったという状況になることもあるでしょう。

「コーヒーは便秘薬の代わりにすることができる」という話は、その部分だけ見れば当たっています。

ですが、刺激の強い物を摂取するのは、必ずしも身体にとってプラスになることばかりではありません。胃や腸の粘膜を荒らしたり、腸の壁を傷つけたりする原因にもなり得るのです。

問題のカフェインも、摂りすぎると胃を傷めることになりかねません。というのも、カフェインを大量摂取することで胃酸が大量に分泌され、胃酸過多によって胃粘膜が荒らされてしまうからです。

なので、結論から言うと「コーヒーを便秘薬の代わりに頼るのは危険」ということになります。カフェインには常習性もあるため、カフェイン中毒になるリスクなどもあります。

便秘の治療に即効性を求めるのはやはり危険です。腹痛が辛いなどの緊急事態を除けば、食生活や生活習慣の改善に努めて身体への負担が少ない治療方法で確実に治していくのがいいでしょう。

コーヒーなどの刺激物は適量だからこそ身体に良い作用を与えます。過剰に摂取すると胃酸過多を始めとした様々な病気の原因になることもあるので、注意しておきましょう。

おすすめの乳酸菌&オリゴ糖 北の達人「カイテキオリゴ」 はぐくみプラス「はぐくみオリゴ」
メディアで注目のサプリメント 腸内環境サプリ「天然美通」

症状に合わせた便秘の解消方法一覧

  • まだ軽めの便秘には
  • 慢性化した便秘には
  • 症状が重い便秘には
  • 赤ちゃんの便秘には
ページトップ