朝食をしっかり食べることが便秘解消につながる

朝の時間帯は腸のぜん動運動のゴールデンタイムと言われていますが、実際のところ就寝中は内臓も活動を控えているため、起床してからしばらくは胃腸は本調子にはなっていません。

実は、ここに便秘解消のための大きなポイントがあるのです。

腸の運動は、朝ごはんを食べた直後からどんどん活発になっていきます。朝食をしっかり摂ることで腸に刺激が行き、排便を促すぜん動運動を誘発するのです。

この刺激は空腹時からのギャップが大きいほど胃腸の運動を活性化させることができます。なので、前日の就寝前の三時間は基本的に食べ物を摂らずに、夜は内臓を休ませ、次の日にしっかりと動かすように心がけてみましょう。

また、朝はこれから活動を始めるのでボリュームのある食事をしても大丈夫です。適度な量の食事はしっかりとした便になって排便を促してくれるので、穀物や野菜などの食物繊維を多く含んだ食品を意識的にバランスよく摂取するようにしましょう。

生活の中に排便のリズムを組み込む時間帯は朝

便秘で悩んでいる人の中には、普段から便意を我慢しなくてはいけないことが多くて、出したい時に出せないようになってしまっている人がいます。そういった場合の解決策として、決まった時間にトイレに行く習慣をつけ、自然に便意を催すようにすることができます。

基本的に便秘に我慢は大敵です。といっても、会社や学校、電車や車の中では便意を感じても自分のタイミングではなかなかトイレに行けない現実も確かにあります。

そんな状況に長く身を置いていると排便のリズムはどんどん狂ってしまい、便意を訴えても排泄できない状況が続くと身体の方もだんだんと便意を感じなくなってしまいます。排便のリズムはなるべく自分のタイミングでトイレに行けるように整えておかなくてはいけません。

その解決方法として、排便のリズムを生活習慣の中に組み込むというものがあります。

自分の中で毎日決まった時間にトイレに行くように習慣づけ、そのタイミングで便意が来るようにリズムを整えていくのです。

昼間や夜はその日によって行動も変わるでしょうから、どのタイミングでならトイレに行けるかた予測が難しいです。その点朝なら家から出る時間から逆算してトイレに行く時間を確保することができるので、排便のリズムを付けるには朝が都合が良いのです。

また、前述したように朝食後の腸の運動は1日の中で一番活発になっているので、自然に排便する力も上がっています。普段は便秘気味だとしても、このタイミングでなら比較的スムーズに排便することができるでしょう。

そして、人間の身体は一度習慣付けたものはライフスタイルをガラっと変えない限り中々抜けなくなります。便意のくるタイミングを自分でしかりと整えることができるのなら、外出先で無理に便意を我慢する必要もなくなるので、朝に排便の習慣をつけておくことはとても利に適った便秘解消方法なのです。

その鍵を握るのが朝の食事なので、朝食を抜いたりパン一枚で済ませたりするようなことは止めて、しっかりとバランスの良い食事を朝に摂るようにしていきましょう。

おすすめの乳酸菌&オリゴ糖 北の達人「カイテキオリゴ」 はぐくみプラス「はぐくみオリゴ」
メディアで注目のサプリメント 腸内環境サプリ「天然美通」

症状に合わせた便秘の解消方法一覧

  • まだ軽めの便秘には
  • 慢性化した便秘には
  • 症状が重い便秘には
  • 赤ちゃんの便秘には
ページトップ