プルーンの効果と食べるときの注意点

便秘解消に効果が高いとされ、プルーンは非常に人気があります。その理由は食物繊維が豊富に含まれていることと、便秘解消によく効く『ソルビトール』という成分のおかげだとされています。

ソルビトールの効果はすでに多くの場所で実証されています。というのも、ソルビトールは下剤にも広く使われている成分であり、大腸の中で作用し、便をゆるくして自然な排便を促す効能があるのです。

まあ、乾燥プルーンは食物繊維の含有量は非常に豊富で、生プルーンと比べるとその量は3倍にもなります。手軽に多くの食物繊維を摂取できるので、乾燥プルーンは便秘の解消には特にピッタリの食材と言えます。

ですが、上述したようにプルーンに含まれるソルビトールは下剤に使われる成分でもあります。過剰に摂取すると当然ですが下痢になってしまう可能性があるので、きちんと適量の目安を守って摂取するようにしましょう。乾燥プルーンでしたら、1日に2〜3個で充分な効果を発揮してくれます。

プルーンを食べよう

プルーンは食べなれない人にとっては独特の風味があって食べにくいと感じることも多いと思います。そこで、プルーンを美味しく食べる工夫を下記より紹介していきますので、ぜひ参考にしてみてください。

プルーンヨーグルト

プルーンを刻む ⇒ ヨーグルトと混ぜる、という簡単な工程で完成するお手軽な一品。ヨーグルトの酸味とプルーンの酸味がお互いを上手く中和して食べやすく仕上がります。ヨーグルトのビフィズス菌が腸内環境を正常化する働きがあるので、この組み合わせは便秘解消に高い効果を期待できます。ヨーグルトに入れる砂糖をプルーンエキスに置き換えるのも有効です。

プルーンとバナナのホットチョコレート
  1. バナナをスライスし、プルーンも刻んでレモン汁を少量かける
  2. 耐熱容器に移し、チョコレートを刻んでまぶす
  3. 電子レンジで加熱しチョコレートが溶けたら完成

以上の3工程で完成する比較的お手軽なメニューです。小さい子供でも食べやすいので、少しお洒落な手作りおやつとして活躍します。バナナ、チョコレートは共に整腸作用のある食品なので、プルーンとの相性も◎

おすすめの乳酸菌&オリゴ糖 北の達人「カイテキオリゴ」 はぐくみプラス「はぐくみオリゴ」
メディアで注目のサプリメント 腸内環境サプリ「天然美通」

症状に合わせた便秘の解消方法一覧

  • まだ軽めの便秘には
  • 慢性化した便秘には
  • 症状が重い便秘には
  • 赤ちゃんの便秘には
ページトップ