便秘予防のためにしっかり水分補給を

便秘になる便というのはたいていが水分を失って硬くなり、自然な排便が難しくなった便が腸内で詰まって便秘を引き起こしています。便をスムーズに排出するためには、腸内環境がキレイなのはもちろんのこと、便そのものにもボリュームと柔らかさが必要になります。

たとえバランスの良い食生活を心がけていても、肝心の水分補給を怠ってしまうと便秘になりやすくなるので注意が必要です。

便が腸内で長期期間溜まったままになると、便はさらに腸に水分を吸収されて、カチカチの岩のように硬くなっていきます。この状態になるとちょっと水分を摂ったぐらいでは便秘は解消されず、便秘の悪化にさらに拍車が掛かってしまいます。

便秘はとにかく早い段階での対処が治療の鍵になります。慢性化した便秘の治療には根気と時間が必要になるため、そうならないためにも『対策』と『予防』は必須になります。

水分補給をこまめに行うことで便秘の予防になるので、意識して「水分補給する時間」を生活リズムの中に組み込むのも一つの手段です。便秘で辛い思いをするよりは、できる範囲だけでもきっちりと予防するようにしておきましょう。

水分補給のコツ

水分は健康的な便を排出するために欠かせない要素です。ですが、間違った水分の摂り方をしていては逆に便秘のキッカケにもなりかねません。便秘を予防するためにも、正しい水分補給の仕方を覚えておきましょう。

まず、大切なのは「水分は1日複数回に分けてこまめに何度も補給する」ということです。一度に大量に摂取すると身体は尿と一緒に排出してしまうので、しかりと体内と便に水分が行き渡るように摂取しましょう。

また、水分といってもアルコール(特にビール)やお茶(特にお茶)などは利尿作用が強いので水分を摂取したつもりでも結果的には水分が出て行ってしまうことも多いです。

理想的なのは身体への負担の少ない『水」か『白湯』を喉に渇きを覚えない程度のペースでゆっくりと摂取することです。量も1回につきカップ1杯程度で構わないので、複数回に分けて続けるようにしましょう。

特に、すでに便秘気味の人の場合、便秘に効くお茶を愛飲している場合もあるでしょう。その時も便秘対策のお茶とは別個で水や白湯などを補給するようにしてください。

高齢者が便秘のなりやすい原因の一つに水分不足があります。身体の感覚が鈍くなって喉の渇きに気付かない上に、運動する機会も減って日常生活の中で水分を補給するタイミングがドンドン失われていくことになります。

なので、高齢者であればあるほど、日常生活の中で意識して水分を補給するようにしなくてはいけません。量もコップ1杯程度で苦にはならないハズなので、ぜひ実践してみてください。

※水筒などを効果的に使うと水分補給も用意になります。自宅にいる時でも水筒を近くに置いておくことで手軽に水分補給をすることができるようになります。

おすすめの乳酸菌&オリゴ糖 北の達人「カイテキオリゴ」 はぐくみプラス「はぐくみオリゴ」
メディアで注目のサプリメント 腸内環境サプリ「天然美通」

症状に合わせた便秘の解消方法一覧

  • まだ軽めの便秘には
  • 慢性化した便秘には
  • 症状が重い便秘には
  • 赤ちゃんの便秘には
ページトップ