大腸の腸内環境正常化にヨーグルトを

便秘の解消に乳酸菌を含む乳製品が効果的だというのはよく聞く話ですが、その中でもヨーグルトは腸の環境を整えるのに最適な食材です。

ヨーグルトに含まれるビフィズス菌は腸内細菌の善玉菌として非常に有名です。ビフィズス菌を腸内で増やすことが、そのまま腸内環境の正常化に繋がっていきます。

便秘の状態が続くと腸内環境は悪化し、腸内細菌も悪玉菌が優勢な劣悪な状況になってしまいます。善玉菌の数が少ないままでは食物の消化もできなくなるので、便秘の悪化はどんどん進行していきます。

腸内に便や食物が長期間溜まることで有害物質や有毒なガスまで発生し、血中に溶けた有害物質は身体のさまざまな場所に負担をかけるようになっていきます。

その状況を改善するためには、まずは腸内でビフィズス菌を筆頭とした善玉菌を増やして食物を消化し、便を排出しやすい環境を作らなければいけません。

ビフィズス菌は体外から摂取できる菌であり、そのビフィズス菌を含むヨーグルトの入手も非常に簡単です。悪化した腸内環境を正常化するためにも、ヨーグルトを食べることは非常に有効な手段なのです。

ヨーグルト摂取のタイミングは食後

ヨーグルトを食べてビフィズス菌を体内に取り入れるのは確かに便秘に有効です。しかし、肝心のビフィズス菌が腸まで届かなければ意味がありません。腸に届くまでに胃酸や十二指腸の胆汁によってビフィズス菌はかなりの数が腸に届くまでに死んでしまいます。

なので、ヨーグルトを摂取するタイミングはビフィズス菌が腸まで届きやすい状態を狙って行うのが効果的です。

避けるべきなのは空腹時や食前などの胃の消化液が活発に分泌されるタイミングです。逆に、食後のデザートとしてヨーグルトを食べれば効率よくビフィズス菌を大腸まで届けることができるのです。

ヨーグルト+オリゴ糖の組み合わせで効果倍増

ヨーグルトは乳酸菌とビフィズス菌を多く含み、便秘解消に非常に効果的であることは前述したとおりです。ですが、ビフィズス菌が大腸に届くまでににかなりの数が死滅してしまうという問題が残ります。

その問題を解決するのが【ヨーグルト+オリゴ糖】の食材の組み合わせです。

オリゴ糖は胃や小腸で消化されにくく、生きたまま大腸に届くという特長を持っています。そして、オリゴ糖は腸内でビフィズス菌のエサとなり、菌の数を増やす働きをしてくれます。糖分を摂ることに抵抗を感じる人もいるかもしれませんが、オリゴ糖は難消化性で通常の砂糖よりも低カロリーなので安心です。

ビフィズス菌を増やす働きのオリゴ糖と、ビフィズス菌そのものを同時に摂取できるヨーグルトとオリゴ糖の組み合わせは、便秘解消に間違いの無い効果が期待できます。便秘で悩んでいる人ならば、試している価値は必ずあります。

特に軽度の便秘の症状ならば、ヨーグルト+オリゴ糖の組み合わせを食生活に加えるだけで改善が見込めます。両方とも入手は難しくないので、便秘対策として非常にオススメです。(※当サイトの別項目で詳しく紹介しています)

薬と違って健康食品なので副作用の心配も必要ありません。便秘に悩んだら下剤に頼る前に、まずはこのような自然に治療できる方法を試してみましょう。

ヨーグルトとオリゴ糖のオススメ

手作りスーパーケフィアヨーグルト

 自宅で簡単にヨーグルトが作れるキット。乳酸菌が複数入っているのが魅力の一つ。実は市販のヨーグルトには「ビフィズス菌配合」と表示されていない限りビフィズス菌はほとんど入っていないので、この商品なら間違いなくビフィズス菌が摂取できる。健康食品としても非常に優秀。

カイテキオリゴ(旧名 北の大地の天然オリゴ糖)

 難消化性の天然オリゴ糖(ラフィノース)なので、胃や小腸で消化吸収されずに生きたまま腸に届くのが魅力。カイテキオリゴは純度100%に近い高純度のラフィノースなので、高い効果が期待できる。オリゴ糖はビフィズス菌のエサになる働きがあるので、腸内環境の正常化には必須の食品ともいえる。

おすすめの乳酸菌&オリゴ糖 北の達人「カイテキオリゴ」 はぐくみプラス「はぐくみオリゴ」
メディアで注目のサプリメント 腸内環境サプリ「天然美通」

症状に合わせた便秘の解消方法一覧

  • まだ軽めの便秘には
  • 慢性化した便秘には
  • 症状が重い便秘には
  • 赤ちゃんの便秘には
ページトップ